毘盧遮那如来

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

毘盧遮那如来

奈良の大仏こと東大寺の毘盧遮那仏像

毘盧遮那如来とは

奈良の大仏として東大寺に祀られていることで有名なのが毘盧遮那如来です。

釈迦如来をモデルとしてできた仏ではなく大日如来と同じように宇宙の真理そのものを表現した仏になります。ちなみにこのような仏を法身仏といいます。

大日如来と同じと考える人もいますが少し違った見解もみられるので別々に覚えておくとよいと思います。

語源

毘盧遮那如来の語源は古代インドのサンスクリット語のヴァイローチャナです。

遍く照らす光を意味しています。

功徳

毘盧遮那如来の功徳は現世安穏、諸願成就などあらゆる願いにこたえるものになっています。

ノウマクサマンダボダナンアビラウンケンのご真言を唱えながら自身の生活の遍くところに光が差し込むように祈ってみてください。

毘盧遮那仏

特徴

毘盧遮那仏の外見的な特徴は、まず千枚の花弁が重なり合った蓮台に座っていることです。

この蓮の一枚が百億もの仏の世界に匹敵すると考えられていて全ての仏の国を統治している様子が表現されています。

また左手を膝の上に乗せ右手の掌をこちらに向けています。

仏像の表現のされ方も大日如来とは区別されています。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR