お寺になぜ鳥居があるのか?神仏習合と神仏分離について

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

五重塔と鳥居

お寺になぜ鳥居があるのか?神仏習合と神仏分離について

神仏習合

日本には神仏習合という独特の考え方があります。

日本の神道と仏教は今でこそ別々に考えられていますが元々同等に崇められていました。

歴史を振り返ってみると仏教が伝来したとき日本には「ホトケ」という言葉は当然まだありませんでした。

はじめて仏教にふれた日本人は仏のことを「蕃神(あだしくにのかみ)」と呼んで神の一種として祀りました。

しかしながら時がたつにつれて厩戸王(聖徳太子)が仏教に帰依したことなどの大きな動きもあり次第に日本国内でも仏教の認識が広まってきたとき神は天部と同等だと認識されるようになってきました。

迷いのない仏と欲界から抜け切れていない天部を比較したときに日本の神は迷いをもっていると考えられたからです。

次第に、もともと土地で祀られていた神を寺の守護神として崇めたりお坊さんが運営を任される神社ができたり神社の境内にお寺ができたりするようになっていきました。

例えば弘法大師空海が修行道場として開山した高野山にはもともと山にいらっしゃったとされる丹生都比売神と高野明神を祀る鳥居が立てられています。

高野山以外にもお寺に鳥居がたっていることは多くありますので探してみてはいかがでしょうか。

神仏分離

そんななか日本では明治元年から王政復古を掲げ神道国教化を目指す動きが盛んになります。

明治政府は神仏習合を禁止し神社とお寺を分けるよう「神仏分離令」を出し神社からお坊さんを追い出しました。

そんななか廃仏毀釈運動が盛んに起こり仏教に関するものが次々と壊されていきました。

そんななか江戸時代に確立された檀家制度が現在の戸籍の役割を果たしていたため檀家を持つ寺だけは残されました。

こうして神社とお寺は分かれて考えられるようになっていったのです。

しかしながら神道を国教化するには様々な問題点がありました。

その一番の原因として神道関係者が布教活動に強くなかったことが挙げられています。

結局のところ教育面などで仏教僧の力が必要となり明治政府は神仏分離政策を挫折してしまいます。

こうして日本では現在のように再び仏教と神道が手を取り合って存在する世の中ができあがってきたのです。

お寺で柏手?神社でお経?

神社を参拝したときには二礼拍手一礼をするのが一般的な作法です。

そんななか神社をお参りしたときに般若心経を唱えるのを躊躇する人も多いと思います。

しかしながら神様に般若心経を唱えてもよいと私は思います。

なぜなら神社に祀られている神様は仏教では天部と呼ばれ仏を守護する立場にあるとされているからです。

仏教では般若心経を唱えると天部を仏の世界へ導く説法となり喜ばれると考えられているのです。

もし般若心経を唱える方が大きな功徳を積めると感じたなら是非とも般若心経をお供えしてください。

きっとよいご利益がいただけることでしょう。

また鳥居があるお寺をお参りしたときに柏手を打つのをためらうこともあると思います。

神仏習合という考え方が日本にあるので当然のことだと思います。

こんなときも柏手を打って挨拶したければ柏手を打てばよいと私はおもいます。

周囲の人がどんな風に感じるかなどと気にする必要はありません。

もし迷ったら神社は柏手、お寺は読経とすればよいと思います。

参拝して感謝の気持ちを伝えたり誓願をたてたりすることは自分と神様の間でなされることです。

日本の神様のことを理解していれば必ずやあなたのことも理解してもらえることでしょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR