知恩報徳

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

知恩報徳をしよう

鶴の恩返し

恩師・恩人・恩知らず

あなたの人生には恩師や恩人と呼べる人がいらっしゃいますか。

学生時代に良く面倒をみてくれた先生に限らず部活の悩みを親身に聞いてくれた先輩、年の離れた兄・姉、同級生、同僚、両親など今まで関わってきた人一人ひとりの顔を思い浮かべてみてください。

パッと思い浮かぶかもしれませんし全然思いつかないかもしれません。

恩を受けることは簡単なようで意外と難しいものです。

因を心の手のひらで受ける様子

あなたはしっかりと恩を受けているか

さて「恩」という言葉には「私のためにしてくれたこと」「私への慈しみや恵み」という意味があります。

この「恩」という字は「心」と「因」という字でできています。敷物の上に人が恵みや慈しみを受けている姿から「因」という字ができているのだそうで、これを「心」で支えているのです。

もともとは古代インド仏教の「クリタ(krta)」という言葉が中国で「恩」と翻訳されそのまま日本に入ってきたと考えられています。

仏教では恩を認識することを「知恩(ちおん)」といいます。

語源は古代インドで使われていたサンスクリット語の「クリタジュニャ」です。「恩をしっかりと受け止めること」を意味します。

私たちは知らず知らずの内に「恩」を受けているものです。

それを自覚すると今まで考えていた以上に自分の周りに恩人が溢れていることに気づかされます。

知恩報徳

この「知恩」が発展して日本仏教では知恩報徳とか知恩報謝とかいう重要な教えが説かれています。

読んで字のごとく「受けた恩を知り徳に感謝して報いることが大切だ」という教えです。

恩を受け、受けた恩を他者へ回せといっているのです。

是非ともみんなで実践したいものです。

知恩報徳の教えが普及すればあなたの人生に奇跡が起こりはじめることでしょう。

海岸寺によくお参りに来られる信者さんから先日こんな話を聞きました。

私は何にでも感謝して生きられるようになってからというものこの世で一番幸せな人間は私だと思えるようになったの

そしたら周りの人も「あなたといると何だか元気になれるわ」といってもらえるようになって、ますます幸せになれるようになったわ

この話を聞いて私も幸せになりました。

お金の循環と知恩報徳

好景気と不景気

昨今は不景気の時代といわれます。

なぜならみんながお金を使わないからです。

みんながお金を使わないからお金を受け取ることができず困っているのです。

貨幣経済は循環することで成り立っています。

どこかでお金がせき止められたら貨幣経済は成り立たなくなってしまうのです。

そんななか今世界にいる億万長者と呼ばれる8割の人は節約をすることによってお金持ちになったといわれています。

映画やドラマに出てくるお金持ちのイメージとは違いコツコツ貯金をしたり遺産を受け継いだりして億万長者となっているのです。

彼らは貧困層と呼ばれる人たちと同じような質素な生活をしています。(※「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす お金が“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣 (East Press Business)参照)

彼らは自分の貯金残高がいくらあっても不安でしょうがないのです。

対して多くの人がイメージする超大金持ちたちは貨幣経済が循環によって成り立っていることを理解しています。

例えば私が学生時代に勉強した一流経営者たちの多く、特にアンドリュー・カーネギーやビル・ゲイツ、ヘンリー・フォード、ジョン・D・ロックフェラーなどは受け取った莫大なお金を慈善事業や若者への投資に役立て世界に還元していることがわかります。

お金を数値として認識できる「恩」の指標の一つと考えてみてください。

そうやって知恩報徳の輪が広がったら経済も好転することでしょう。

奇跡は有る?無い?

アインシュタインの残した次のような名言があります。

人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

もしあなたの人生を実際に奇跡で満ち溢れたものにしたければ毎晩知恩報徳について考えてみてほしいと思います。

すると五感すべてで恩恵をキャッチしやすくなり自然と報謝のナイスパスも出せるようになるはずです。

知恩報徳のスパイラルがより良い世界へとあなたを導いてくれるようになることでしょう。

ペイ・フォアード~可能の王国~

アメリカにはペイ・フォアードという言葉があります。

知恩報徳と非常によく似た言葉で日本語では「恩送り」と訳されています。

ハーレイ・ジョエル・オスメント主演の映画のタイトルとしても有名です。

この映画はクソみたいな世界を変えるためにはどうすればよいかと一人の少年が奮闘する様子を描いた感動作です。

その中で少年はペイ・フォアードという活動を思いつきます。

その活動内容は、まず三人の他人に恩を売ることからはじまります。その恩に対して恩を受けた人はまた別の人三人に恩を送っていくのです。

アメリカでは実際にしばしばこういった活動が行われているそうです。

とても素晴らしい映画なのでぜひ一度見てみてください。

映画「ペイ・ファード」紹介ブログ

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR