仏の簡単な見分け方~四階層からなる仏の役割~

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

神社仏閣のシルエット仏の簡単な見分け方

仏教で祀られている仏像にはたくさんの種類がありますよね。

恥ずかしながら僧侶である私も全ての仏尊の名前や真言、功徳を覚えきれていません。

ですからきっとお寺や神社を参拝してもよくわからずに仏像を拝んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は誰でもすぐにわかる仏尊の簡単な違いの見分け方を紹介したいと思います。

四つの階層からなる諸尊の違い

私たちが普段崇めている仏像は『如来』『菩薩』『明王』『天部』の4つの階層に分けることができます。

それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

如来部(にょらいぶ)

如来のシルエットまず『如来』と呼ばれる階層があります。

如来とは悟りを開いた方たちをいいます。

実は正式には「仏」とは如来のことを指します。

大日如来や釈迦如来、薬師如来などは「あの世」からいつも私たちを見守り続けてくださっています。

菩薩部(ぼさつぶ)

地蔵菩薩のシルエット次に『菩薩』と呼ばれる階層があります。

菩薩とは如来から様々な教えを聞き、それを実践し悟りを目指す修行者のことです。

如来への道を辿りながら人々を救ってくださる優しい先達さんの役割を果たしてくださっています。

例として、観音様と呼ばれ親しまれている観世音菩薩や弥勒菩薩、地蔵菩薩などがあげられます。

明王部(みょうおうぶ)

また『明王』と呼ばれる階層も存在します。

明王は忿怒の形相をしていて、なんとしても人々を仏の道へ押し上げようと支えてくださる如来の化身です。

多くの信仰を集める不動明王をはじめ愛染明王や降三世夜叉明王などが代表的です。

明王は仏教のなかでも弘法大師空海が持ち帰った「密教」独自の仏様です。

天部(てんぶ)

阿修羅像のシルエットそして4つ目が『天部』と呼ばれる階層です。

天部とは、人智を超えた力でときには戒めを与え、ときには福寿を与えてくださる神々のことを指します。

戦闘気質を持ち合わせた荒々しい性格を持ち合わせており、粗末に扱うと“わざわい”が返ってくると考えられていることもしばしばあります。

神社に祀られているのはほとんどが天部の神様といえるでしょう。

弁財天や大黒天、毘沙門天などのように名前に天がつく場合はほぼ天部といって間違いないでしょう。

どうでしたか?

神社仏閣を訪れた時にこれらの違いを考えるだけでも気持ちの込め方が変わってくるのではないでしょうか?

行った先の神社仏閣に祀られている仏像がなんであれ感謝し祈る心があればご利益があることに違いはないと思います。

しかしながらせっかくですので感謝の対象をより明確にしてより大きな功徳が得られるようになってほしいと思います。

南無大師遍照金剛

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR