天部とは

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

阿修羅像のシルエット

天部

天部とは天界に住むと考えられている神々のことをいいます。

もしくは天界そのもののことを指します。

元々古代インドで信仰されていたバラモン教では神様が崇められていましたが彼らが仏教に帰依して仏様たちを守護するようになったと考えられています。

例えば帝釈天や毘沙門天、弁財天など「天」の字がつく場合ほとんどが天部だと考えてよいと思います。

お釈迦様が悟りを開かれたとき悟りの境地を教え広めるようにお願いした梵天様も天部の神の一柱です。

語源

天部の元々の語源はサンスクリット語の「デーヴァ」が中国に行くにしたがって音写され提婆(だいば)と書かれるようになりました。

光り輝く者という意味です。

それが日本では「天」といわれるようになったと考えられています。

「部」というのは部門、つまりグループのことです。

仏様より現実的な利益をもたらす天部の力

「利益を願うには天部に頼め」という言葉があるほど天部は現世利益をもたらす力があるといわれています。

そんないわれもあってお寺に行っても本尊の仏様よりも厚い信仰を受けていることもしばしばあります。

悟りの境地へ導く如来や菩薩、明王とは違い天部の神々は信仰者を守ることを使命としていることから身体健康や商売繁盛など悟るために必要な富の部分で援助をしてくれるものが多くみられます。

もともとバラモン教では神は現世利益をもたらしてくれるものとして祀られていました。その名残ともいわれています。

また天部は輪廻から外れていない存在と考えられており、如来や菩薩よりも人間に違い存在なので直接的な利益が得やすいと考えられているのかもしれません。

二類の天部

仏教では二種類の天部があると考えられています。

ひとつは権類の天(ごんるいのてん)でもう一つが実類の天(実類のてん)です。

権類の天とは如来や菩薩が姿を借りて現れた天部のことで我々を悟りの境地へ導く役割を担うことができると考えられています。権類の天は結界の中にも入ることができる清らかな存在とも考えられています。

一方の実類の天は仏の心をもたない神そのものとしての天部のことです。彼らは醜い面もっていることがあり人の目に触れることを恥ずかしがるともいわれています。結界の中に入る力も持ちあわせていません。

さまざまな階層をなす天界の位置関係

仏様に浄土、人間界に住所があるように天部にも住む世界が決まっています。

天界はいくつもの階層に分かれています。

例えば仏様の住んでいる須弥山には地居天(じごてん)と呼ばれるいくつかの天界があります。

他にも須弥山の上空に空居天(くうごてん)、さらにその上に無色界(むしきかい)と色界(しきかい)があります。

以下に上から略図を記しておきますので興味があれば覚えてみてください。

  • 1.無色界…純粋な精神のみの世界
    • 最も上にある有頂天(うちょうてん)を含む4天
  • 2.色界(しきかい)…欲を離れた物質世界
    • 18天
  • 3.六欲天…人間界のように欲で成り立つ世界
    • (ア)空居天(くうごてん)…須弥山上空にある
      • 夜摩天(やまてん)
      • 兜率天(とそつてん)
      • 楽変化天(らくへんげてん)
      • 他化自在天(たかじざいてん)
    • (イ)地居天(じごてん)…須弥山にある
      • 忉利天(とうりてん)
      • 四天王衆天(してんのうしゅてん)(※別名:下天…天界の一番下にあるから)

天部の神々を紹介する際にどこに位置するのかを対応させてみると天部に対する見方が変わるかもしれませんね。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR