四国八十八か所霊場四十九番札所の浄土寺

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

浄土寺の本堂

西林山 三蔵印 浄土寺

西林山 三蔵印 浄土寺(さいりんざん さんぞういん じょうどじ)は愛媛県にあるお寺で四国八十八か所霊場四十九番札所と伊予十三仏霊場の第二番札所にあたる札所です。

行基菩薩や弘法大師空海とも由縁が深いお寺ですが、それ以上に踊念仏の生みの親ともいえる空也上人が滞在したことで厚い信仰を集めたお寺といえるでしょう。

縁起

浄土寺は天平勝宝年間(749年-757年)に女帝・孝謙天皇の勅願を受けて恵明(えみょう)上人により開創されたお寺です。

このとき行基菩薩が刻んだ釈迦如来像を本尊として祀られたといわれています。

当初は法相宗でした。

それから一度廃寺となっていましたが弘法大師空海が伽藍を再興したことにより真言宗に改宗されました。

その後、平安時代中期の天台宗の僧、空也上人が天徳年間(957年-960年)にこの寺に滞在し布教に努めたといわれています。

建久3年(1192年)には源頼朝の手によって堂宇の修復が行われるほどのお寺でした。

残念ながら応永23年(1416年)には兵火で焼失してしまい現在残っている姿は河野通宣によって文明14年(1482年)に再建されたものになります。

慶安2年(1649年)には大規模な修繕も行われて今に至っているお寺です。

空也上人像を重文とした立て看板

空也上人の縁起

空也上人とは平安時代中期の天台宗の僧侶で、かの一遍上人の師匠ともいわれている人物です。

天台宗の宗派に空也派というものはありませんが天台宗空也派の祖と称されるほどの人物で阿弥陀聖(あみだひじり)の異名ももっています。

空也上人自身は複数宗派と関わりを持つ寛容な人物で超宗派的立場を保ったといわれています。

「南無阿弥陀仏」の名号を唱えながら津々浦々の広野に棄てられた死体を火葬したり道路を補修したり井戸を掘ったり橋を架けたりして遊行を続け民衆から熱い支持を受けたといわれています。

一遍上人によって広められた踊念仏の原型を作ったのはこの空也上人といわれています。

浄土寺はこの空也上人が庵をこしらえて3年間も滞在したお寺として民衆から愛されていたそうです。

3つの文化財

本堂と本堂に祀られている空也上人の木造は国の重要文化財にも指定されています。

この空也上人の像は、別れを寂しがったこの土地の人たちから困窮されて空也上人が自分の身代わりとして彫ったものともいわれています。

なお不動明王の立像も松山指定有形文化財に指定されています。

手ぬぐいに描かれた記念の松

境内の本堂横には空也上人手植えと伝わる松の巨木「空也松」が植えられていましたが枯死したため今は切株のみ残されています。

今でも浄土寺の手ぬぐいにはこの松がシンボルとして描かれています。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR