四国八十八箇所霊場の第五十五番札所 南光坊

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

南光坊山門

南光坊

光明寺 金剛院 南光坊は四国八十八箇所霊場の第五十五番札所にあたる真言宗御室派の寺院です。

四国霊場中本尊に大通智勝如来を祀っている唯一の寺、四国霊場中戦争で爆撃を受けた唯一の寺、四国霊場中城下町にある唯一の寺、四国霊場中「坊」がつく唯一の寺と唯一づくしのお寺です。
別宮大山祇神社

日本総鎮守「大山祇神」の別宮

瀬戸内海の島である大三島に日本総鎮守ともいわれる大山祇神を祀っている大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)があります。

大宝三年に文武天皇の勅令でこの大山祇神社建立の際に同じ場所に法楽所として南光坊は建立されました。

しかしながら海を渡って参拝するのが不便だったため2年後に現在の場所に別宮大山祇神社が建てられ24坊あった南光坊のうち8つもこちらに移されたといわれています。この8坊を行基菩薩は「日本総鎮守三島の御前」と称して奉祭したといわれています。

その後、天正の頃に長宗我部元親の軍勢に焼き払われて全焼してしまいます。

さらに復興した後も第二次世界大戦の空襲にあいほぼ全焼してしまいます。

現在の本堂は昭和56年に再建されたものになります。

ちなみに薬師堂は平成3年春に、山門は同10年に再建されたものです。

南光坊本堂

四国八十八か所霊場唯一の本尊

南光坊の本尊は大通智勝如来です。

大通智勝如来を本尊として祀っているお寺は全国でも珍しく、四国八十八か所霊場では南光坊が唯一です。

ちなみに御真言は「おんまかびじゃなじゃなのうびぶうそわか」です。読みにくい場合は無理をせず「南無大通智勝如来」と唱えてください。

なぜ珍しく本尊が大通智勝如来なのかというと、大山祇神の本地仏だからです。

南光坊大師堂

大山祇神社

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR