四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所 栄福寺

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

「ボクは坊さん。」の元となった栄福寺の本堂と大師堂

栄福寺

府頭山 無量寿院 栄福寺(ふとうざん・むりょうじゅいん・えいふくじ)は四国八十八ヶ所霊場の第五十七番札所にあたる高野山真言宗のお寺です。

五十六番札所の泰山寺と同じように水難に悩んでいた土地を弘法大師空海が救ったことで有名です。

また住職は伊藤淳史さん主演で映画化された「ボクは坊さん。」の原作著者としても有名です。
栄福寺の本堂

水陸交通安全の寺

永福寺が建っている府頭山付近は昔海難事故が多くて多くの人が困っていたといいます。

そんななか嵯峨天皇の勅願でこの地に立ち寄った弘法大師空海が、海上の安穏を祈願するため山頂で護摩を修法したところ瀬戸内海の波風が治まったのだそうです。

このとき空海上人が海の方で光る阿弥陀如来を感得し、その仏像を彫り本堂を建てたのが栄福寺の始まりです。栄福寺は嵯峨天皇の勅願寺となります。
栄福寺の駐車場(有料)からの風景

本地阿弥陀仏と垂迹八幡大菩薩

栄福寺は神仏習合の歴史を強く残しているお寺です。

開山から時は流れ、貞観元年(859年)に行教(ぎょうぎょう)というお坊さんが京都の男山に九州の宇佐八幡の分社を建立するため船で瀬戸内海を往来していたときのことです。

行教上人の船は荒波に揉まれ栄福寺の建つ府頭山付近に流されたのでした。

すると行教上人は、府頭山があまりにも男山に似ていることに驚きこの地に八幡宮を建てることを決心します。

そして栄福寺の本尊の阿弥陀如来を本地とした八幡大菩薩が祀られる神社も建てられました。

※明治時代の神仏分離令により栄福寺が山頂から中腹に移されたため現在は神社仏閣が分けられています。

栄福寺の大師堂

僕は、坊さん

栄福寺の住職、白川密成さんは伊藤淳史さん主演の映画「ボクは坊さん。」の原作作者です。

納経所に立ち寄ると住職の数々の著書が並んでいます。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR