己心の浄土、唯心の弥陀

●この記事に共感したらシェアしてください

私たちは天国や地獄を死後の世界に行き着く場所だと考えていることが多いようです。
「生きている間に悪いことをしていたら死んだとき閻魔様に地獄行きにされてしまう」とか「生前に善い行いをして功徳を積んでいれば死後の世界で天国に行ける」といった話をきっとあなたも耳にしたことがあるでしょう。
これは誰にも否定しがたい摂理です。
なぜなら誰も証明したことがないからです。
それに重要な思想でもあります。
天国や地獄があると信じているから良心的な行動を後押ししたり悪い行いを思いとどまったりできることがあるからです。
しかしながら仏教にはこんな考え方もあります。

己心の浄土、唯心の弥陀(こしんのじょうど、ゆいしんのみだ)

自分自身の心の中に浄土も仏もあるという考え方です。
※浄土とは、仏が住んでいるところのことです。
仏教の経典のなかでは仏はそれぞれの場所で教えを説き続けていると表現されています。
ちなみに阿弥陀如来は「極楽浄土」(※極楽浄土は私たちの世界から西方に十万憶の仏土を過ぎた彼方にあるといわれている)、薬師如来は「瑠璃光世界」、文殊菩薩は「清涼山(しょうりょうせん)」など仏の数だけさまざまな浄土があります。
お寺にあるお堂や家庭にあるお仏壇は浄土を象徴したものになるのです。
説法するお坊さんの画像
江戸時代の臨済宗の高僧、白隠禅師(はくいんぜんじ)にまつわるこんな話があります。
ある時、白隠禅師のところへ一人の侍がやってきて「地獄というところが本当にあるのかどうか」と質問してきました。
これに対して白隠禅師は「あなたは立派な武士に見えるのに、地獄があるかないか、そんなこともわからないのか?」と、この侍を小馬鹿にしながら罵倒しました。その白隠禅師の罵倒は引くところを知らず、さすがの侍も堪忍袋の緒が切れ白刃を抜いて白隠禅師に切り掛かっていってしまうほどでした。
それでも、切り掛かられた白隠禅師は巧みに逃げ回りながら悪口を続けました。
当然丸腰のお坊さんが侍に勝てるはずもありません。追い詰められて切り伏せられそうになってしまいます。
その瞬間、白隠禅師は一括してこう言ったといわれています。
「そこが地獄だ!」
この一言で我に返った侍は瞬時に地獄の有無を悟り、思わずその場に平伏して己の至らなさを懺悔したそうです。
これに対して白隠禅師は笑いながらこう答えました。
「そこが極楽だ」
「己心の浄土、唯心の弥陀」ともいわれるこの白隠禅師の教えは私たちがより良く生きていく上でも非常に大切な考え方だと思います。
300年にわたる泰平の世を築いたかの徳川家康をはじめ当時の戦国武将たちは戦国の厳しい世の中を(穢土)を平和な世の中(浄土)に転じようという理念を持ち続けていたようです。
私たちは物質世界と精神世界の二つの世界に生きています。
外の世界に天国や地獄を求めながら内なる世界に天国や地獄をつくりだすことができるのです。
個々人が心に極楽をつくりあげることができたら私たちはみんな生きながらにして天国にいくことができることでしょう。
白隠禅師は次のような道歌を詠んでいます。

極楽は西にもあらで東にも
来た(北)道さがせ
みな身(南)にあり

※道家とは、仏の教えを和歌にしたもの

悪いことに悪態をつくばかりでなく様々なことに感謝の気持ちを持って生き、一緒に極楽へいけるよう頑張りましょう。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR

読んでくださってありがとうございました。