あなたの知っているお話はどっち?十二支が選ばれる物語2選!

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

十二支が選ばれるまでの物語

十二支がどうしてこれらの12の動物なのかということについて次のような物語があります。

ねずみ(子)の絵

神様によって十二支が選ばれたお話

昔々ある年の暮れのこと、神様が動物たちに次のようなお触れを出したそうな。

「元日の朝、新年の挨拶に来た者のうち一番早く来た者から十二番目の者までを順にそれぞれ毎年交代で動物の大将にしてやろう」

これを聞いた動物たちは、我こそはと元日が来るのを待ったのでした。

ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまいました。

そこで猫はねずみに訊くことにしたのでした。

しかしねずみは猫に一日遅れの日を教えたのでした。

そんなこととは知らず猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていきました。

さて大晦日がやってきました。

歩くのが遅い牛は夜のうちから支度をし、まだ暗いうちから一番に出発したのでした。

ねずみは牛小屋の天井でこれを待っており、ぽんと牛の背中に飛び乗りました。

努力の甲斐あって牛は一番に神様の御殿の門の前に着きました。

すると門が開きました。

とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番に神様の元へ挨拶をしました。

牛は二番に挨拶をしました。

それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着き挨拶をしました。

当然猫は一日遅れで神様の御殿へ訪れることになり大将に選ばれることができませんでした。

それでねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すのだそうです。

龍(辰)の絵

これは十二支に動物を割り振った後から作られたおとぎ話といわれていますが大人から子供まで親しみやすい内容で十二支を覚えるのに一役かっている物語です。私のおじいちゃんもよく十二支の置物を見せながら話を聞かせてくれたものです。

地域や時代によって色々なバージョンがあり、調べてみると「昔々お釈迦様の具合が悪くなり寝込んでしまいました…」というバージョンもありました。

お釈迦様にまつわる十二支のお話

お釈迦さまの具合が悪くなり寝込んでしまったときの話です。

それを知った動物たちはお釈迦様のお見舞いに出むきました。

身体の小さなネズミは朝一番に飛び出しせっせと走りました。

しかしお釈迦様の元へはなかなかたどり着けませんでした。

そんなとき前にウシの背中が見えてきました。

足の遅いウシはねずみよりももっと前から家を出ていたのです。

ねずみは、ウシの背中に乗せてもらうことにしました。

お釈迦様の元に到着するとねずみは一目散にお釈迦様の近くへ駆け寄りました。

その後にトラ、ウサギ、リュウ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシがやってきてお見舞いをしました。

このお見舞いにかけつけた最初の12の動物が干支となり、到着順で干支の順番が決まったということです。

お子さんやお孫さんがいる方はお話をすると良い会話の種になるかもしれませんね。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR