キングコング西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」が無料で読めるサイトのご紹介

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」(作者キンコン西野)無料公開について

「えんとつ町のプペル」無料で読ませていただきました

話題の人気絵本「えんとつ町のプペル」を読ませていただきました。

感動しました。

ちなみに私は無料で読ませていただきました。

というのも作者のキングコング西野さんが先日この作品を無料でインターネットで公開したからです。

無料公開のサイトはコチラ

情動的には「買いたいなぁ」と思う一方で必要性に駆られていないため今後買うかどうかは迷っているところです。

作品の解説

この「えんとつ町のプペル」はお笑い芸人のキングコングの西野さんが作った絵本です。

なんと世界発の分業制で作られた絵本です。

これまで絵本業界は一人の作者が一つの作品を作っていましたが「映画や舞台のように多人数で一つの作品を作ったらもっと良い作品ができるのではないか?」という発想から総勢33人のイラストレーターを含め多くの人の力によって製作された絵本なのです。

資本の調達方法まで分業制です。クラウドファンディングという資金援助を求める手法で資金を集め、開始1週間で1000万円以上(最終的に4637万円)の資金が集まり作られました。

製作には4年半もの歳月がかかりました。映画では「構想10年~」などとよく耳にしますが絵本業界では異例だそうです。

出資者も含め多くの人の期待を背負ったこの「えんとつ町のプペル」は発売前の予約段階でもAmazonランキングで1位を獲得し、2016年10月末の出版開始から約3か月で23万部売れているヒット作になっています。

そんな人気絵本がインターネット上で無料公開されることになりました。

理由は、著者の「にしのあきひろ」さんが開催した「えんとつ町のプペル」の個展で子供から『2000円もする絵本は高くて買えない』といわれたから…

作品を読んでくれる人がたくさんいる方がお金を儲けることよりもうれしいから…

なんとも素晴らしいお心持ちです。

この想いに賛同して「買いたいなぁ」という思いが芽生えていますが…やはり必要性に駆られていないため今後買うかどうかは迷っているところです。

キングコング西野さんについて

お笑い芸人としても知名度の高いキングコング西野さんですが、あるとき思っているより自分の人気は高くないという想いに駆られたそうです。

そんななか、世界で一番面白くなりたいという夢を持つ西野さんはひな壇芸人を止め別の土俵で勝負しようと一念発起したのでした。

「絵本作家」になったのはその結果です。

その他にも西野さんは様々な活動をしています。

なかでもハロウィンの翌日の渋谷の街が抱えるゴミ問題を解決したいという想いとなんとかそれを娯楽化することができないかという想いをマッチングさせ区長や一部帰郷約500人の一般人を巻き込む異例の課題解決方法の提案は注目を集めました。(『Innovative Communication Award』広告賞受賞)

また「魔法のコンパス」というビジネス本も出しています。

作品内容

「お笑い芸人」という枠組みから飛び出たことにより西野さんは多くの人からバッシングされたそうです。

それでも自分は自分のやり方で「世界一面白くなりたい」という夢を叶えるために頑張っています。

この作品「えんとつ町のプペル」はキングコング西野さんのそんな想いがそのまま主人公に投影されている作品になっていると思います。

読んでみてください。

そしてせっかく無料なので拡散してあげてください。

無料公開のサイトはコチラ

購入したい方はコチラ

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR