ブッダはなぜ女嫌いになったのか2

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

五重塔
先日の記事でも紹介させてもらった「ブッダはなぜ女嫌いになったのか」を今読み終えた。

今日は著者の丘山万里子さんについて思うところがあったので日記を書いておこうと思う。

彼女は音楽の評論家なのだそうだ。仏教を専門にしている学者ではないのだ。

それにもかかわらずブッダやその身辺人物、背景などの知識が豊富で考察力もすごいものだと思ったのだ。

さて、真・善・美という価値がある。

全人教育論によると真・善・美のいずれの価値を極めようとしても聖という価値に対面することになる。

聖とは、宗教的な領域を指していると思われる。

真善美の価値のなかで音楽を分けるとすると音楽は芸術、美にあたる。

この価値理論を意識してのことかはわからないが丘山万里子さんは見事に音楽という領域から聖の領域に足を踏み入れている。

すごいことだと思った。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR