未分類

2/3ページ

ミラクル

ミラクル おすすめ度(★★★★★) レークプラシッドオリンピックで起こった氷上の奇跡 ディズニーが亡きハーブ・ブルックス監督に捧げる 実話を基に作られた全てのスポーツ選手・監督に観てほしい映画 心を揺さぶるシーンのオンパレード アイスホッケー未経験者なのにこんなに興奮なんて信じられませんでした 選手(俳優陣)もイケメン揃いです(笑) 予告動画 あらすじ アイスホッケーアメリカ代表の監督になることを […]

牡蠣(カキ)について/食中毒対策から旬の時期、栄養、グリコとの意外な関係まで

今の時期大人気の牡蠣だから、牡蠣についていろいろ調べてみました。 牡蠣といえば広島県を代表する大人気食材。 都内のオイスターバーを筆頭に牡蠣を主としたクルーズや旅行企画も登場しているほどの人気ぶりです。 これからの季節、牡蠣が特においしい時期。私も2月に牡蠣鍋パーティをする予定です。 でも食中毒にあたる代表的な食べ物として牡蠣を敬遠する人も… そんなイイところとワルイところをもった牡蠣について今日 […]

スピード・レーサー

スピード・レーサー おすすめ度(★★★★★) 今なお世界中に根強いファンを持つ日本アニメ「マッハGOGOGO」がハリウッドで実写化 「マトリックス」を手掛けたウォシャウスキー兄弟が監督・脚本・製作を行った渾身の映画 個性豊かなキャラクターがしっかり笑わせてくれる上に“男は何のために走るのか”を教えてくれるこの感動作に私は涙まで流してしまいました。 他の映画では見られない原作アニメを超える映像構成も […]

背反する成功哲学

パラドックスみっけ 人間界には二つの考え方がある。   (1)今どんな状況に置かれていようとも人は変化することができる(どんな人にでも未来を明るいものにする力が備わっている) (2)人がどのようになるかは生まれながらに決まっている(予め神によって定められた運命を持つので、人は自分で人生を切り開くことはできない)   この二つである。 どちらも真理をついているが、この二つは言葉と […]

旅の予定

ブッダの歩いた道とヒマラヤトレッキング   知ってる人も知らない人もいるかと思いますが今月(ルートの見直し次第では来月)から3、4、5ヶ月かけてのマレーシア、インド、ネパールの旅を予定しています。 いくつかの案を考えましたが今のところこのルートで行こうと思っています。

感動させる技術~感動生み出す3つの原理~

感動の原理がわかるとすごいことができる 人を感動させることができたら、それはすごい能力になります。 なぜなら感動こそが人を動かす原動力になるからです。 例えば人を感動させることができたらセールスの能力があがります。 「お金は感情で動く」ともいわれるほど経済と感情は密接に関係しているのです。物を販売するときに人を感動させる原理がわかっているとセールストークの質も変わってきます。 また人を感動させる原 […]

人を惹きつける絵の描き方

人を惹きつける絵の描き方 絵の描き方を知るために良いソフトや書籍を紹介したいと思います。 「なぜ、そんなものを薦めるのか?」と聞かれるとしたら、それは“絵を描ける”ということは物凄いスキルになるからです。 もし、今、あなたに絵を描くセンスがないとしても、これから紹介するソフトや本を読むことで感覚が研ぎ澄まされ、周囲の人からの賞賛が得られるようになるでしょう。

機会費用とは→後悔しないための買い物術!

機会費用とは、ある意思決定をした際に断念しなければならないものを指す経済学の用語だ。※チップ・ハース&ダン・ハース著「決定力」より引用 機会費用を理解し後悔しない人生の選択ができるようになろう! 自分の行動をふと振り返った時に、こんな風に後悔したことがありませんか? こんなもの買わなければよかった。 若い頃にもっと時間を大切にすればよかった。 実は多くの人が同じような経験をしています。 それもその […]

電子書籍出版は儲かるのか?市場規模に秘められた可能性を探る

電子書籍出版は儲かるのか?市場規模に秘められた可能性を探る 電子書籍の出版は儲かる可能性を秘めています。 なぜなら電子書籍の市場規模は今後も広がり続けると予想されているからです。 まだスマートフォンが普及する前、あるアンケートによると携帯電話やパソコンで電子書籍を読んだことがある人は読んだことがない人を大幅に上回っていることがすでにわかっていました。 それから徐々に海外版の電子書籍端末が普及するよ […]

さぁ!あなたも今すぐココで電子書籍を出版しよう!

本を書くことの素晴らしさ あなたも今日から本を書こう! 本を書くと良いことがたくさんあります。 まず、本を製品として販売することでお金を稼ぐことができます。 本が一冊刷されるごとに販売価格の約10%の印税を受け取ることができるのです。 しかもこの印税というものは不労所得です。 一度原稿を書いて世に送り出してしまえば、あとはほとんど何もしなくても本が増刷される限りあなたの通帳にお金を振り込んでくれる […]