僕が結婚を決めたワケ

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

僕が結婚を決めたワケ(2011年アメリカのコメディ映画)

おすすめ度(★★★☆☆)

「ダ・ヴィンチコード」のロン・ハワード監督が贈るロマンティック(?)コメディ

私たちは色々な問題を同時に抱えて生きている

個人的に抱えるコンプレックスだけでなく家族関係や友人関係、結婚生活、恋愛、仕事までありとあらゆる悩みが複雑に絡み合っている

この映画は、そんななかで正直に生きることの難しさを上手に描いている

予告動画

あらすじ

明るい性格で人気者、営業が得意なロニー(独身)。

引っ込み思案だが天才的な頭脳をもつニック(既婚)。

二人は大学時代からの大親友で車のエンジンのデザイン会社を営んでいる。

昔の車のように重低音の鳴り響くイカした電気自動車のエンジンの研究開発による大手自動車会社との大口契約を結ぶため二人は奮闘していた。

そんななかロニーは恋人のべスとの結婚に踏み出せないでいた…

キャスト

  • 監督: ロン・ハワード
  • 脚本: アラン・ローブ
  • 主演: ヴィンス・ヴォーン
  • 出演: ケヴィン・ジェームズ、ジェニファー・コネリー、ウィノナ・ライダー、クィーン・ラティファ、チャニング・テイタム、エイミー・モートン、チェルシー・ロス、ランス・ハワード、クリント・ハワード

興行収入

  • 6900万ドル越え

こんな人にオススメ

  • 自分に正直に生きたいあなた
  • 何か秘密を抱えているあなた
  • 友情と恋心のどちらも大事にしたいあなた

逸話

  1. 劇中「電気自動車はゲイみたいなもんだ」というセリフがある。このシーンの登場する予告編をみた同性愛団体たちから映画の配給側のユニバーサルスタジオは抗議を受けた。これを受けてユニバーサル側は予告編でこのシーンをカット。しかしながら劇中でのシーンはカットしない意向を示した。
  2. 劇中で引用されている「勝利は絶好の機会から生じる…」というセリフは実話をもとに製作された感動作「<a href=”http://fanblogs.jp/zaarj4ru/archive/277/0″>ミラクル</a>
    」からのもの。この映画はレークプラシッドオリンピックでアイスホッケーのアメリカ代表チームが起こした奇跡の物語を描いたディズニー作品。

何度観ても楽しめる注目ポイント(名言)

  1. 相手を理解するのにかかる時間は?
  2. ハグするとグラっとくる
  3. 私を喜ばせるために結婚しなくていいの
  4. 「勝利は絶好の機会から生じる」
  5. あなたの切り札は?
  6. 1,2,3 プロポーズ!!
  7. だったら話さない
  8. 姉からのリダイヤル
  9. やりたくても抽選に当たらない
  10. マッサージに行こう
  11. 神様に祈る
  12. タトゥー野郎
  13. クスリで…
  14. セーターどう?
  15. 「正直でいろ」というなら私にも正直でいて
  16. 最大の恥
  17. 腹をすかせてるかと思って一応買ってきた
  18. 真実の瞬間がやってきました

関連リンク

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR