電子書籍の販売数を伸ばす凄い方法

NO IMAGE

電子書籍の販売数を伸ばす凄い方法

電子書籍の販売はamazonのkindle版に絞って販売する

電子書籍を作って販売する方法はたくさんありますが、私はamazon一本(kindle)に絞って販売することをお勧めします。
その理由は世界最大のオンライン書店「amazon」のサイト構造にあります。
Amazonには独自の売れ筋ランキングがあります。
これはジャンルや期間に応じて掲載されていきます。
その中の一つにでも上位にランキングされるとインターネットユーザーへの露出を増やすことができるのです。
例えばAmazonの各商品ページには「amazonベストセラー商品ランキング 本―文庫―趣味・実用 18位」などのようにランキングが表示されるようになっています。そしてこの「文庫」などの項目をクリックすると各ジャンルのベストセラー順に上位20個の商品が表示される仕組みになっています。
つまり上位にランクインすることができれば同ジャンルに興味を持っているユーザーにあなたの本を見つけてもらいやすくなるのです。
露出が増えればそれだけ買ってもらえるチャンスが広がります。
さらにamazonの各商品ページには「この商品を買った人は他にこんな商品も買っています」という項目もあります。
あなたの本が別の商品ページから売れれば売れるほどこの項目に表示されやすくなるのです。
また、ランキング上位に入ることができればバンドワゴン効果という心理術を利用することもできます。バンドワゴン効果とは「みんなが注目しているのだから良いものに違いない」と思い込む心理効果です。この心理効果が働くと今までアタックすることができなかった読者層にも手を伸ばしてもらえるようになるのです。
このようにamazonでは売れれば売れるほどさらにユーザーへの露出を増やすことができる良いスパイラルが生まれるのです。
もしiTunesやPDFダウンロードなど販売経路を拡散すると本の販売数も分散させることになるのでこのスパイラルを利用するのが難しくなってしまいます。
幸いにもkindle版の本はiPhoneやiPad、PCなどのkindle以外の端末からも購入閲覧が可能なのでマーケットを縮小させる問題は微々たるものにすぎません。
せっかく電子書籍を作って販売するのですから世界最大のオンライン書店amazonの力を利用して販売数を増やせるようにしてみてはいかがでしょうか。
電子書籍の作り方・売り方

未分類カテゴリの最新記事