人を惹きつける絵の描き方

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

絵を描く人と見る人たち

人を惹きつける絵の描き方

絵の描き方を知るために良いソフトや書籍を紹介したいと思います。

「なぜ、そんなものを薦めるのか?」と聞かれるとしたら、それは“絵を描ける”ということは物凄いスキルになるからです。

もし、今、あなたに絵を描くセンスがないとしても、これから紹介するソフトや本を読むことで感覚が研ぎ澄まされ、周囲の人からの賞賛が得られるようになるでしょう。

こんな仕事をしている人に効果あり

例えば、これらの絵が描けるようになる方法は次のような仕事をしている人に絶大な影響力をもたらしてくれることでしょう。

WEBサイトの運営者

商用利用可能な無料素材を使っていても記事の内容にリンクした画像はなかなか見つかりません。

そんなとき自分でパッと絵が描けたら内容を補完する画像を表示することができ、さらには時短効果にもなりえるのです。

特に、絵は人を惹きつける効果が高いので他のサイトにはない絵が表示されるだけで他のサイトと自サイトを差別化することができます。

セミナー講師や営業マン、または重要なプレゼンテーションを頻繁に行う重役の方々

一見、絵を描くこととは無関係に思える仕事でも絵を描くスキルを持ち合わせている恩恵は大きいものです。

声を荒げながらホワイトボードに必死に文字を書き連ねても徹夜で作成した資料を配っても全く言いたいことが伝わらないばかりか注意を向けてくれないことさえもあります。

そんなときたった一枚の絵が描けるようになるだけで商談が成立することを知っておくべきです。

最初にご紹介する本「描いて売り込め!超ビジュアルシンキング」はまさにそんなビジネスの場で役立つ絵の描き方について書かれた本になっています。

デザイナー・漫画化

これからご紹介する本に書かれている絵の描き方は綺麗な絵を描くためのものではありません。

絵全体の構図をどのようにすれば大衆に伝わるのかという論理が書かれてあります。

アイデアに苦しんでいるときに利用することで、あなたの内に眠っている創造力を具現化することができるようになるでしょう。

このように絵は、自分の考えを整理したり人に伝えたりするときに効率的なのです。

効果は計り知れない

口頭で伝える言葉や紙に書いた文章では伝わらなかったことでも一枚の絵を見ながら説明するだけで一瞬でのうちに理解できることが私たちにはあります。

「百聞は一見にしかず」ということわざのとおり、1時間以上説明し続けても伝わらなかった話でも絵を見せながら伝えるだけでほんの数分で理解されるようになりえるのです。

まさに100倍の効果です(笑)。

素晴らしい内容なのに全く理解されず月に1冊しか売れないような500円の文庫本よりも漫画の方が数倍売れるのには理由があると思いませんか?

どこにいても絵は描ける どんなときでも絵は使える

絵は、いついかなるときでも描いて使うことができます。

職場ではもちろん、ちょっとした食事の席に紙ナプキンとボールペンさえあれば自分のアイデアを売り込むことができます。

また、今やスマホのアプリでも本格的な無料アプリが提供されている時代です。椅子や机のない立ち話の場でも、さらには相手が目の前にいないときでも、サッとスマホやタブレットで思いついたアイデアを描きクラウドやWEBにアップしたりメールで送信したりして情報を共有することができてしまいます。

そんなスマートな方法でコミュニケーションがとれるようになったら今できていない人間関係がもっと円満になるのではないでしょうか?

人は自分以外の誰かが描いた絵を見るのが好き

人は自分以外の誰かが描いた絵を見るのが好きです。

特に顔や人物を描いた絵や統一感のある絵、絵の中に目立つ対象がある絵などには反射的に飛びつくのです。

これ以外にも視覚を刺激する方法はたくさんありますが、これらはたくさんの人々の目を惹きつけることができる効果的な技能になるのです。

これができればたくさんの人を集客することにつながるのです。

もしそんな絵を描けるようになりたかったら下記にご紹介するソフトや書籍を上から順に一つずつ当たってみてください。

例え今絵を描くのが下手くそだとしても誰でも人に伝わる絵が描けるようになるでしょう。

創造的な問題解決

神経生物学と視覚科学

アーティストではない人々のための視覚的なエクササイズと洞察

ソフトウェア

→ おすすめの漫画制作ソフト一覧

→ 1ページでわかる簡単マインドマップ講座

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR