さぁ!あなたも今すぐココで電子書籍を出版しよう!

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

本を書くことの素晴らしさ

あなたも今日から本を書こう!

本を書くと良いことがたくさんあります。

まず、本を製品として販売することでお金を稼ぐことができます。

本が一冊刷されるごとに販売価格の約10%の印税を受け取ることができるのです。

しかもこの印税というものは不労所得です。

一度原稿を書いて世に送り出してしまえば、あとはほとんど何もしなくても本が増刷される限りあなたの通帳にお金を振り込んでくれるのです。

次いで、本を出版しているというだけで世間の目が変わります。

意外に知られていませんが、著者の大きな収入源は印税だけではなく講演やその他の活動だといわれています。

本を出版しているというだけでも仕事の依頼がきたりブログへのアクセス数が伸びたりするのです。

心理学的にも「人は権威ある人のいうことには従いやすくなる」ということが証明されています。

これはパーソナルブランディングといわれ、本を出すことで得られる大きな恩恵なのです。

また、当然のことのように思えるかもしれませんが本を出すことによってあなたが日頃から考えていることを世に発表することができるのは大きな恩恵の一つでしょう。

あなたの意見に共感してくれる人が全国に増え、同じ志を持つ仲間ができるのです。

さらに、頭の中にあるアイデアを実際に原稿にアウトプットすることで曖昧な思考を体系化・確立することができます。

あなたの知識はより洗練されたものになり、これまで以上に専門家になれるのです。

これまでの出版スタイル

本の出版というとこれまでは非常にハードルの高いものでした。

出版社に認められ原稿の依頼がくる確率なんて微々たるものですし、出版社に原稿を持ち込んでも実際に本になるものは10%にも満たないといわれています。

さらにそこから何度も何度も修正を加えては編集担当者に原稿を読んでもらい、デザイナーによる表紙デザインやマーケターによる販売戦略など多くの工程を踏まなければ本を世に出すことができないのです。

そうして完成した本は、トライ&エラーを繰り返すことも難しく、売れなければ赤字のまま倉庫に埋もれる運命です。

これだけ時間とお金を投資しても儲からないとなると出版社としても作家選びに慎重になさらずおえません。

毎年本を出版するような著名な作家になっても年間300万円を稼ぐのに一苦労だといわれています。

それほど本の出版というのはハードルの高いものだったのです。

電子書籍自出版の素晴らしさ

電子書籍の登場で出版方法は過渡期を迎えようとしています。

なぜなら電子書籍がこれまでの出版の常識を一変させているからです。

電子書籍ならこれまでの出版で得られる恩恵を受けながら、売り上げの最大70%をあなたの収入にすることも可能です。

通常の本の出版は10%の印税だという事実と比較すると、同じ売れ行きでも7倍の収入差が生まれることになります。

また自費出版だと逆に多額の初期費用を自分で負担しなければなりませんでしたが、電子書籍だと初期費用は実質不要です。

そのほかにも電子書籍なら

  • 販売価格も自分で決めることができる
  • 在庫を抱えるリスクもない
  • 出版後でも誤字脱字やデザイン、内容を修正できるなど…

紙の出版物にはないメリットがたくさんあります。

これだけのメリットを抱えながらワードの使用ができる程度のパソコン知識があれば誰でも参入可能なのです。

さぁ!あなたも今すぐ電子書籍を出版してみましょう!

電子書籍の出版方法

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR