仏を祀るお寺に神を祀る鳥居があるのはなぜ?

仏を祀るお寺に神を祀る鳥居があるのはなぜ?

夕日に照らされている鳥居の画像

お寺にも鳥居がある

「どうして高野山はお寺なのに鳥居がたくさんあるのですか?」
高野山にいるとこのような質問をよくされます。
事実、高野山にはたくさんの鳥居があります。
また古くから残っているお寺に行くと必ずといってよいほど鳥居があるものです。
その理由は、日本には江戸時代まで「神仏習合」という考えがあったからなのです。
今でこそ多くの人は神様と仏様を別々に考えていますが、もともと仏という概念は神と共存して存在しています。

インドの神様と仏様

まずインドで仏教が起こった経緯を歴史的に振り返ってみましょう。
お釈迦様が生まれた時代、インドの主な宗教はバラモン教でした。
そこには既にシヴァ神やガネーシャなど現在日本でもなじみ深い神様の存在がありました。
そんななかで悟りを開いたお釈迦様は、そういった神様の存在を認めながら仏のあり方を説かれました。
お釈迦様の死後、お釈迦様の教えは弟子たちの手によってまとめられ仏教になりました。

日本の神様と仏様

次に日本で仏教が広まった経緯を歴史的に振り返ってみてください。
古事記に代表されるように古くから日本にも神様の存在が認められていました。
天照大神をはじめとする数々の神様が祀られていました。
その子孫である天皇の系譜も出来上がっておりました。
そんななか日本国を強化するためインドから仏教が取り入れられました。
もともと神を取り入れて発展したインド仏教は、日本でも上手く神という概念を取り入れることに成功しました。
さらに日本の神道は外来の神様を「客神(まどろがみ)」としてうまく取り入れる性質をもっていました。

土地の神様を大事にする仏教

こうして日本で神道と仏教は融合したのです。
弘法大師空海は高野山を開山する際、もともと山にいらっしゃった神様を祀るために神社を築き、それから仏教寺院を建てていきました。
同様にその土地その土地にいらっしゃる地神を御祭りする風習は今でも残っています。
新しい家を建てる際に行う地鎮祭はまさにそれといえるでしょう。
こういった習わしを仏教は否定することなく認めているのです。
このように神と仏は手を取り合ってお互いを守護・強化しながら存在するようになったのです。

神仏分離令

しかしながら幕末から明治にかけて発足した新政府は「神仏分離令」を発令します。
これにより檀家を持たなかった寺院の多くは取り壊され、神社にあった仏像も排出されることとなってしまいます。(※檀家寺は現在の地方法務局のような役割が確立されていたため残されました。)
こうして神と仏は別々に考えられるようになっていったのです。
しかしながら仏教では今でも神様を拝む習慣が残っています。
神様と共存してこそ仏は仏という存在として認められるのだと私は思います。
もしお寺にお参りに行ったら本堂だけでなく鳥居も探して拝んでみてください。
より大きなご利益があることでしょう。
ちなみに海岸寺には弁財天を祀ったお堂と鳥居があります。
また海岸寺には神仏分離の際に金毘羅宮から奉納された不動明王が祀られています。
本堂や大師堂とあわせてお参りください。

夕日に照らされている鳥居の画像

お寺にも鳥居がある

「どうして高野山はお寺なのに鳥居がたくさんあるのですか?」
高野山にいるとこのような質問をよくされます。
事実、高野山にはたくさんの鳥居があります。
また古くから残っているお寺に行くと必ずといってよいほど鳥居があるものです。
その理由は、日本には江戸時代まで「神仏習合」という考えがあったからなのです。
今でこそ多くの人は神様と仏様を別々に考えていますが、もともと仏という概念は神と共存して存在しています。

インドの神様と仏様

まずインドで仏教が起こった経緯を歴史的に振り返ってみましょう。
お釈迦様が生まれた時代、インドの主な宗教はバラモン教でした。
そこには既にシヴァ神やガネーシャなど現在日本でもなじみ深い神様の存在がありました。
そんななかで悟りを開いたお釈迦様は、そういった神様の存在を認めながら仏のあり方を説かれました。
お釈迦様の死後、お釈迦様の教えは弟子たちの手によってまとめられ仏教になりました。

日本の神様と仏様

次に日本で仏教が広まった経緯を歴史的に振り返ってみてください。
古事記に代表されるように古くから日本にも神様の存在が認められていました。
天照大神をはじめとする数々の神様が祀られていました。
その子孫である天皇の系譜も出来上がっておりました。
そんななか日本国を強化するためインドから仏教が取り入れられました。
もともと神を取り入れて発展したインド仏教は、日本でも上手く神という概念を取り入れることに成功しました。
さらに日本の神道は外来の神様を「客神(まどろがみ)」としてうまく取り入れる性質をもっていました。

土地の神様を大事にする仏教

こうして日本で神道と仏教は融合したのです。
弘法大師空海は高野山を開山する際、もともと山にいらっしゃった神様を祀るために神社を築き、それから仏教寺院を建てていきました。
同様にその土地その土地にいらっしゃる地神を御祭りする風習は今でも残っています。
新しい家を建てる際に行う地鎮祭はまさにそれといえるでしょう。
こういった習わしを仏教は否定することなく認めているのです。
このように神と仏は手を取り合ってお互いを守護・強化しながら存在するようになったのです。

神仏分離令

しかしながら幕末から明治にかけて発足した新政府は「神仏分離令」を発令します。
これにより檀家を持たなかった寺院の多くは取り壊され、神社にあった仏像も排出されることとなってしまいます。(※檀家寺は現在の地方法務局のような役割が確立されていたため残されました。)
こうして神と仏は別々に考えられるようになっていったのです。
しかしながら仏教では今でも神様を拝む習慣が残っています。
神様と共存してこそ仏は仏という存在として認められるのだと私は思います。
もしお寺にお参りに行ったら本堂だけでなく鳥居も探して拝んでみてください。
より大きなご利益があることでしょう。
ちなみに海岸寺には弁財天を祀ったお堂と鳥居があります。
また海岸寺には神仏分離の際に金毘羅宮から奉納された不動明王が祀られています。
本堂や大師堂とあわせてお参りください。

未分類カテゴリの最新記事