福沢諭吉の目標設定までの道のり

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

ルーペで目標を探す男性

まずは「目標を発見する」目標を持とう!

ビジョンを探すための遠回り

目標は人生を彩る最高のスパイスです。

しかしながら目標を持っていない人も焦る必要はありません。

まずは「『目標を見つけたい』という意識」を持つことが大事です。

「目標を探そう!」とアンテナを立てるだけで今まで見えていなかったものが見えるようになってきます。

福沢諭吉が描かれている一万円札

福沢諭吉の目標発見方法

現在の一万円札にもなっている福沢諭吉ですら、著書「学問のすすめ」のなかで当初何の目的もなくいわれるがままに蘭学(医学)を勉強していたと語っています。(※当時は日本国内で外国語の勉強といえばオランダ語の医学書を学ぶのが主流でした。)

あるとき外国人に会った福沢諭吉は、学んだオランダ語を試そうと話しかけてみたそうです。しかし外国人に諭吉のオランダ語は全く通じなかったといいます。

なぜなら彼らは英語を公用語としていたからです。

福沢諭吉はそこではじめて英語という言葉を知り、その重要性に気付きました。

そのとき今まで何の目的もなく学んでいたオランダ語を介して英語を学ぶことができたそうです。(※当時、英語について解説している日本語の本はまだ無かったためです。)

ここでやっと福沢諭吉にも「英語を学びたい」という主体的な目標が出来上がっていくのです。

そして海外へ留学し英語圏の教育・文化を学び、さらに目標は明確なものになっていきます。

慶応大学のキャンパス

結果、日本で教育の大切さを説き、慶応義塾大学の創設につながったのです。

そして大学創設後、諭吉は「目的をもって勉強すること」の大切さを慶應義塾大学の生徒たちに演説したといわれています。

この福沢諭吉の話からも学べるように、最初はガムシャラに知識を増やすだけでもいいのです。新しいことに挑戦するだけでもいいのです。

私自身もいろんなことに挑戦して色んな人や本に出会い今のビジョンが描けるようになりました。

ただし「『目標を見つけ出す』という意識」を持っていないと目標の発見は遅くなってしまうでしょう。

ここでも引き寄せの法則が働いてあなたの夢が導き出されることになるのです。

夢や目標は、焦って無理矢理・嫌々作るものではありません。時間をかけて目標を定めてください。

ただ、今あなたの人生に目標がないのであれば「『目標を発見する』という目標」をもって、心の底から達成したいと思える目標を探す旅を始めてほしいと思います。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR