計画を立てる第一歩は目標設定から

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

町と道
目標がなければ計画を作ることはできません。

なぜなら目標(目的)が定まっていなければ進むべき方向が決まらないからです。

「お金をたくさん稼ぎたい!」誰もが望んでいることでしょう!

しかしながらお金は目的を達成するための一つの手段にすぎません。

最終的な目的が明確でないのに手あたり次第お金儲けの方法を考えただけでは効率はあがりません。

  • なぜそのお金が欲しいのか?
  • そのお金で何を買うのか?何をするのか?
  • いつまでにそのお金が使えるようになりたいのか?

さまざまな面から目標を定めておかなければ、計画はずさんなものしかできず、やる気も沸いてこないでしょう。

極端な例を挙げます。

例えば来季1億円プレーヤーになろうと目標を掲げている野球選手であれば前の試合で見つかった課題の克服や新しい技術の学習・習得、基礎体力練習、体調管理といったプレーに直接関係する事柄に多くの時間を割くでしょう。(もしかするとファン獲得のため別のアプローチを考えている人もいるかもしれませんが、おそらくそういう選手は稀だと思います…稀であってほしいです。)

それに対して支店の来季業績を30%UPさせて昇給しようと目標を掲げている家電量販店の店長はどうでしょうか?

おそらく彼の計画表のなかには野球選手のような筋力トレーニングは記入されていないでしょう。

それよりも今急激に売れ行きが伸びている流行商品・新商品の分析や営業担当者たちの育成など売り上げに貢献しそうな事柄に多くの時間を割くはずです。

理由は簡単。個人で1億円のお給料を貰える野球選手の方が稼いでいるかもしれませんが、野球選手と同じような生活をするよりも業績の高い別店舗の支店長と同じように生活を改めたほうが店の業績を上げられる確率が高いからです。

誰しも与えられた時間は多くも少なくも一日に24時間です。

だからこそ行動の選択が変わってきます。誰一人として同じ計画を立てる人はいません。

目標が明確になっていればいるほど計画を立てる際の優先順位も定めやすくなるので、もしこの文章を読んでいる現時点で明確な目標が定まっていないのであれば計画を立てる前に当サイトの前ページに戻ってしっかりとあなたの目標を考えてほしいと思います。

これから紐解いていく計画策定法は目標がなければなりたたないかもしれません。

目標をきちんと定めることができたら次のページから始まる上手な計画の立て方を読み進めてください。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR