信仰について

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

神社で手を合わせる女性

本来の信仰心の意味とは

宗教活動と信仰心

現代の日本人には信仰心を持たない人が増えていといわれています。

おそらく平和を愛する日本人にしてみれば世界中で宗教を理由にした争いが絶えないこともあって宗教活動に対して疑わしい念を感じるからでしょう。

また欲に目がくらんだかのような教祖の命令で、信者さんたちが他人に対して無理な勧誘を行ったり、不当な金銭を巻き上げられたりしているのも目につきます。

より良く生きるための教えが解かれているはずのせっかくの宗教ですが、これでは信仰心を持つことができません。

しかしながら私は信仰を持つことを強くあなたに勧めます。

ただし、ここでいう信仰というのは宗教に属するように勧めているのではありません。

特定の宗教に属していなくても信仰心を持つことはできるのです。

信仰というとキリスト教やイスラム教、仏教などの宗教的な意味合いを指す言葉だと思っている人が多いとは思いますが、本来の信仰とは、神仏だけでなくブランドや理論など何か人智を超えたパワーを信頼することを指します。

日の出を拝む

信念と信仰の違い

信念と信仰は少し違います。

信念には参考情報や経験といった根拠があるのに対し信仰には確固とした根拠がないといわれているからです。

私たちの多くは神という存在を未だ見たことがありません。

見ることのできない対象を感じ、それに対して言葉をあてがって、知っているような気になっているのです。

この世で起こるすべての事象を理解している個体や、拝むと夢を叶えてくれる人、全知全能といわれる存在を少なくとも私は見たことがありません。(注:人は神に似せて作られたといわれているので「人」という表現を用いました)

それでも人は神を感じずにはいられないのです。

その証拠にろくに神について教わった経験をもたない子供たちですら神について何らかの考えを持っています。

「自分は一体何を信じているのか」さえわかれば知識や情熱、意志の力で、信念だけでなく信仰心を養うことができるようになるのです。

腕組をして自信たっぷりの女の子

引き寄せの法則と信仰

信仰心を持ちましょう。

そして人生を豊かにするためにも目標を設定し信仰を持つように努めてください。

それこそが引き寄せの法則を活用する手掛かりになるからです。

そうすることによりあなたは聖という価値を知り、高めることができます。

聖という価値を言葉で表現するのは難しいものです。

しかしながらこれだけはいえます。

根拠のない自信を持つことができれば人生の質が変わります。

あなたの夢を引き寄せるためにも信念か信仰、もしくはその両方を持つことを心掛けてみてください。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR