目標達成にかかせない「信念」について

目標達成にかかせない「信念」について

ロウソクの火

目標達成にかかせない「信念」について

引き寄せの法則を活用するためには信念を持つことが重要になってきます。
なぜなら心が移ろいやすい状態だと引き寄せたい事象を限定することができないからです。
では、そもそも信念とはなんでしょうか。

信念とは何か

信念とは、読んで字のごとく自分の正しいと思った考え(念)を信じることといえるでしょう。
信念という言葉の意味を岩波国語辞典で調べてみると「それが正しいと堅く信じ込んでいる心」とあります。
英語ではFaith(信、信頼、信仰、信念、信条)、belief(信念、確信、信仰、信用、信頼)、conviction(信念、確信、説得、信服させること、有罪の判決)といった言葉に信念という意味が含まれています。
このように言葉の意味を考える時、多言語にどのような意味が重複しているのかを考えるとその言葉の持つニュアンスをよりつかみやすくなります。
Convictionに含まれる「有罪の判決」というのは少し皮肉めいたところがあります。信念を持っていると時に非情な決断に迫られることもあるからです。例えばたった一人で正しいほうへ向かうよりもみんなと一緒に間違ったほうへ進むほうが得るものが大きいと人間は考えてしまうことが往々にしてあります。このような性質上、不動の信念を持ち続けているがゆえに過酷な場面に遭遇することもあるでしょう。
信念はロウソクの火のようなもので強くなったり弱くなったりします。
せっかく目標を達成するための計画をたてても信念が揺らぐと台無しになってしまいます。また潜在能力を上手く発揮することもできません。
夢を叶えるためには信念が必要なのです。
それでは、この信念を持ち貫き通すためにはどうすればよいのでしょうか。

目標と信念と願望の関係

強い信念を持つためにはまず「願望」を探し出すことが第一ステップになります。
当然のことのようですが欲しい結果を手に入れるためには、まず「欲しい!」と思わなければいけません。
目標や信念を持つために、まずは自分の中に芽生える願望と向き合うようにしましょう。
自分が何を欲しているのかわからないのに目標を達成することはできません。
前述したとおり、世の中には「引き寄せの法則」というものが存在します。しかしながら願う対象がなければ引き寄せられるものも引き寄せられなくなってしまうのです。
もし信念がないのであればあなたの内に眠る「願望」を見つけ出すことから始めましょう。
そしてその願望を信念へと育てていきましょう。

願望のレベルアップ

「アレがあったらいいのに」というのと「どんなことがあろうともアレを手に入れてやる」というのでは魂の入り方に違いが感じられると思います。
願望にはレベルがあるのです。
そうやって願望レベルを上げていく中で、頭で思ったことを実際に行動に移すと願望はさらにレベルアップし信念になります。
なんでもよいので少しでも目標に近づくことをあなたの体でやってみてください。
例えば、営業成績を伸ばしたいのならインターネットで「営業方法」と検索してみるだけでもよいのです。本屋へ行ってビジネス書を探してみるだけでもよいでしょう。
そうやって行動を起こす時間を設けることであなたは願望を達成できるということを固く信じることができるようになっていくのです。
もし、すぐ目標に向かってできることが何も思い浮かばないのであれば願望を紙に書き出すことをオススメします。
あなたの欲しいもの、なりたい人物像はどのようなものか書き出してみてください。
そして心の深い部分まで願望が浸透するように毎日声に出して唱えるとよいでしょう。(これを深層自己説得と呼びます。深層自己説得については別記事で後述します。)
すると引き寄せが始まり目の前にできそうな行動が見えてくるはずです。
この深層自己説得を習慣化すると心が折れそうになったときに大きな力をもたらしてくれることでしょう。(信念をあらわす英語に信仰を意味するBeliefが含まれるのも納得です。)

信念を貫くことの代償?

ときに信念を貫くということは忍耐力を必要とします。
信念をもっているからといって必ず成功できるとは私にも言い切れません。
しかし成功者たちは「私たちが成功できたのは信念のたまものです」と口をそろえて言います。
信念は、成功するための絶対条件ではありませんが必要条件の一つなのです。
信念を宿し、持ち続ける習慣を身につけることであなたの成功はグッと近いものになるでしょう。
ロウソクの火は周りの環境の影響を受けて消えてしまうこともあります。消えてしまっても新しく灯すこともできます。工夫しだいで強くすることもできます。分け与えることもできます。
ロウソクに灯された火と同じように信念を絶やさないように日々意識しましょう。
何事も成功するためにはテクニックとマインドが必要です。
テクニックとはノウハウや技能といった表面的な手段です。それに対しマインドとは心の持ち方や考え方といった内面的に存在する絶対的なものです。
そして成功するためにはこの二つの割合をテクニック25%、マインド75%の割合で磨くことが重要だといわれています。

知覚は生物的な働きを『コントロール』しているが、この知覚は真実にも、誤りにもなり得る。それゆえにわたしたちは、このような「コントロールする知覚」を、より正確をきすために『信念』と呼ぼう。『信念』が生物としての働きをコントロールするのである―――「『思考』のすごい力」より

ロウソクの火

目標達成にかかせない「信念」について

引き寄せの法則を活用するためには信念を持つことが重要になってきます。
なぜなら心が移ろいやすい状態だと引き寄せたい事象を限定することができないからです。
では、そもそも信念とはなんでしょうか。

信念とは何か

信念とは、読んで字のごとく自分の正しいと思った考え(念)を信じることといえるでしょう。
信念という言葉の意味を岩波国語辞典で調べてみると「それが正しいと堅く信じ込んでいる心」とあります。
英語ではFaith(信、信頼、信仰、信念、信条)、belief(信念、確信、信仰、信用、信頼)、conviction(信念、確信、説得、信服させること、有罪の判決)といった言葉に信念という意味が含まれています。
このように言葉の意味を考える時、多言語にどのような意味が重複しているのかを考えるとその言葉の持つニュアンスをよりつかみやすくなります。
Convictionに含まれる「有罪の判決」というのは少し皮肉めいたところがあります。信念を持っていると時に非情な決断に迫られることもあるからです。例えばたった一人で正しいほうへ向かうよりもみんなと一緒に間違ったほうへ進むほうが得るものが大きいと人間は考えてしまうことが往々にしてあります。このような性質上、不動の信念を持ち続けているがゆえに過酷な場面に遭遇することもあるでしょう。
信念はロウソクの火のようなもので強くなったり弱くなったりします。
せっかく目標を達成するための計画をたてても信念が揺らぐと台無しになってしまいます。また潜在能力を上手く発揮することもできません。
夢を叶えるためには信念が必要なのです。
それでは、この信念を持ち貫き通すためにはどうすればよいのでしょうか。

目標と信念と願望の関係

強い信念を持つためにはまず「願望」を探し出すことが第一ステップになります。
当然のことのようですが欲しい結果を手に入れるためには、まず「欲しい!」と思わなければいけません。
目標や信念を持つために、まずは自分の中に芽生える願望と向き合うようにしましょう。
自分が何を欲しているのかわからないのに目標を達成することはできません。
前述したとおり、世の中には「引き寄せの法則」というものが存在します。しかしながら願う対象がなければ引き寄せられるものも引き寄せられなくなってしまうのです。
もし信念がないのであればあなたの内に眠る「願望」を見つけ出すことから始めましょう。
そしてその願望を信念へと育てていきましょう。

願望のレベルアップ

「アレがあったらいいのに」というのと「どんなことがあろうともアレを手に入れてやる」というのでは魂の入り方に違いが感じられると思います。
願望にはレベルがあるのです。
そうやって願望レベルを上げていく中で、頭で思ったことを実際に行動に移すと願望はさらにレベルアップし信念になります。
なんでもよいので少しでも目標に近づくことをあなたの体でやってみてください。
例えば、営業成績を伸ばしたいのならインターネットで「営業方法」と検索してみるだけでもよいのです。本屋へ行ってビジネス書を探してみるだけでもよいでしょう。
そうやって行動を起こす時間を設けることであなたは願望を達成できるということを固く信じることができるようになっていくのです。
もし、すぐ目標に向かってできることが何も思い浮かばないのであれば願望を紙に書き出すことをオススメします。
あなたの欲しいもの、なりたい人物像はどのようなものか書き出してみてください。
そして心の深い部分まで願望が浸透するように毎日声に出して唱えるとよいでしょう。(これを深層自己説得と呼びます。深層自己説得については別記事で後述します。)
すると引き寄せが始まり目の前にできそうな行動が見えてくるはずです。
この深層自己説得を習慣化すると心が折れそうになったときに大きな力をもたらしてくれることでしょう。(信念をあらわす英語に信仰を意味するBeliefが含まれるのも納得です。)

信念を貫くことの代償?

ときに信念を貫くということは忍耐力を必要とします。
信念をもっているからといって必ず成功できるとは私にも言い切れません。
しかし成功者たちは「私たちが成功できたのは信念のたまものです」と口をそろえて言います。
信念は、成功するための絶対条件ではありませんが必要条件の一つなのです。
信念を宿し、持ち続ける習慣を身につけることであなたの成功はグッと近いものになるでしょう。
ロウソクの火は周りの環境の影響を受けて消えてしまうこともあります。消えてしまっても新しく灯すこともできます。工夫しだいで強くすることもできます。分け与えることもできます。
ロウソクに灯された火と同じように信念を絶やさないように日々意識しましょう。
何事も成功するためにはテクニックとマインドが必要です。
テクニックとはノウハウや技能といった表面的な手段です。それに対しマインドとは心の持ち方や考え方といった内面的に存在する絶対的なものです。
そして成功するためにはこの二つの割合をテクニック25%、マインド75%の割合で磨くことが重要だといわれています。

知覚は生物的な働きを『コントロール』しているが、この知覚は真実にも、誤りにもなり得る。それゆえにわたしたちは、このような「コントロールする知覚」を、より正確をきすために『信念』と呼ぼう。『信念』が生物としての働きをコントロールするのである―――「『思考』のすごい力」より

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事