良いアイデアを探し続けよう

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

ペンを片手にアイデアを考える女性自分の行動を振り返って評価してみて目標の実現が間違いないと思える計画を遅滞なく実行に移せていたら、それは素晴らしいことです。

ただし良いアイデアを探し続けることを忘れてはいけません。

なぜならちょっとしたアイデアが目標の達成に多大な効果を発揮するからです。

例えば、卒業論文の提出を控えた大学生の計画表を考えてみましょう。

おそらく調べ物のリストを作ったり実験の予定を組んだり時間配分を考えたりと直接的に卒業論文を完成させるための計画をたてていることだと思います。

そんななかパソコンのソフトウェアについて学習しなおそうと考える人は少ないと思います。

学生の多くはマイクロソフト社のソフト「Word」を使い論文を書いていくと思います。

このソフトは、文章の書き換えや切り取り、コピーはもちろんのこと誤字脱字チェック、漢字の変換など直感的に使える便利な機能を備えています。

しかしながら直感的に使えるが故に必要最低限の機能で満足してWordのもっと便利な使い方を見直す人は少ないものです。

実はWordには、卒業論文を効率よく書くために使える機能がたくさんあるのです。

例えばプロの小説家も利用しているアウトラインという機能―――この機能を使えば自分の思考回路をまとめたり文章の構成を練り直したり、はたまた簡単に見出しを抽出して目次を作ったりできます。

Wordを使いこなせるようになるだけで作業時間を大幅に短くしたり作業工程を楽にしたりできるようになるのです。

しかもそれらの機能を使いこなすのはとても簡単なのです。

知っている人と知らない人とでは計画の立て方が大きく変わってくるでしょう。

このように、ふとちょっとだけ視野を広げたときの閃きが思わぬ突破口になることが少なくないのです。

本を読んでいても視点を変えて読み返すと「あっ!そうか、こうすればいいんだ!」と突然名案が浮かぶことがあるものです。

「今」完璧だと思って作り上げた計画は「今」できる精いっぱいの計画です。

あなたは日々成長しています。世間の技術も日々進歩しています。

順調に進んでいるときでも計画を見直しより良いアイデアがないか模索し続けることを心掛けてみてください。

「研究室の作業について予定をたてることはできるが、最良のアイデアについて予定をたてることはできない―――作者不明」

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR