評価・改善を始めるタイミング

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

はなまる

経験しないと理解できないことがあるので評価・改善をしよう

1週間、1か月、3か月…と、ある程度の実践期間を伴ってきたら改善の仕方を考えていきましょう。

計画を実践し体感してみて初めて見えてくること、経験しないと理解できないことがあるものです。

これはPDCAサイクルのA(action=改善)の部分にあたり、経験を踏まえたうえで客観的に計画を見つめなおし改善策を練るべき段階を指しています。

もしかすると「もっとこうしたら良いのではないか」という新しいアイデアを思いついているかもしれません。

どうしても今は超えられない壁に遭遇してしまっているかもしれません。

物理的もしくは精神的理由で計画に遅れが出てくることもありえます。

今まで知り得なかった情報に出会いもっと良い方法があるとわかったのに以前の計画に縛られていたのでは目的が手段と入れ替わってしまっています。

このような事態を避け、より良く生きるためにも目標を今一度確認し計画を見直し改善策を考えてみましょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR