成功くんと失敗ちゃんの失敗に対する考え方の違い

成功くんと失敗ちゃんの失敗に対する考え方の違い

笑う赤ちゃんと真剣な表情の赤ちゃん

勇気の持ち方

最初の一歩を踏み出すためにはまず「失敗」に対する考え方を見直すと良いでしょう。
というのも成功者と凡人とでは失敗に対する考え方が違うことが多いからです。
例えば一歩目を踏み出せない多くの人は子どもの頃の育ち方が原因で「怖い」とか「嫌だ」とか失敗に対して負の感情を抱いている傾向が強いといえます。
失敗したら「仲間外れにされる」とか「痛い目に合う」、「恰好悪い」など精神的にも肉体的にも深く傷つく連想が先だって、まるで今までの自分がそこで死んでしまうかのようなイメージを抱いているのです。
それに対して成功者は「成功するためには失敗は仕方のない要素」だと受け入れていることが多いといえます。
トーマス・エジソンは電球を光らせるまでに1万回以上の失敗をしたといわれています。
しかしその失敗の数々を彼は「失敗ではない。うまくいかない方法を1万通り発見しただけだ」と言ってのけたといわれています。
これは失敗があったからこそ成功に辿り着くことができた好例としてよく持ち出される実話です。
かの有名な文豪ゲーテも「人は何かを追い求めている限り、失敗し続けるものである」という言葉を残しているほどです。
人生の壁にぶち当たった時、リスクを考え失敗を回避するか失敗を恐れず挑戦するかで得られる結果が大きく変わってくるのです。
また、近年オリンピックに出られなかった体操選手たちが、体操で培った技術を活かして、スキーを履いてジャンプの美しさを競う種目のエアリアルというスポーツで世界のトップレベルを狙う事例が増えてきています。
体操の道では挫折を味わったもののエアリアルに舞台を移し「オリンピックで活躍したい」という夢を叶え成功者の仲間入りを果たしているのです。
特にバンクーバーオリンピックオーストラリア代表リディラ・アッシラ選手は体操からエアリアルへの転身で金メダルを獲得するまでに上り詰めた人物として世界中に名をとどろかせました。
もし失敗しても彼女らのように失敗した経験を活かし別の道で夢を掴むことも可能なのです。

成功くんと失敗ちゃん

失敗に対する考え方が違うと失敗に対する反応や行動も変わってくるのです。
そんななか成功者たちは失敗を受け入れることによって失敗を拒絶した人にはできなかったことをやってのけているのです。
さて、ここで一人の赤ちゃんを想像してみてください。
赤ちゃんはたとえ地べたに落ちているものでもお構いなしにいろんなものを口に運び食べられるものと食べられないものを認識していきます。
ハイハイができるようになると柵を乗り越えてでもいろんなところに行こうとします。
立てるようになると転んでも転んでも必死に歩こうとします。そうやって痛い目にあったり周囲の人に褒められたり怒られたりしながら生きていく術を学習していくのです。
恐怖心よりも向上心や好奇心が勝っているので赤ちゃんは驚異的なスピードで物事を学びます。
それと同時に失敗を繰り返します。
赤ちゃんには「失敗」という概念がまだ出来上がってないのです。
それなのに成長するにつれて徐々に個人差が表れ始めます。
周囲の環境から様々なことを学び影響を受けるからです。
子供は、大人や友達の振る舞いや言動を見聞きしたり罰を与えられたり痛い目にあったりしていくうちに「失敗」という概念を自分の中に構築していきます。
そして「学習はリスクを伴うものだ」と認識するにつれて失敗に対するかたよった概念ができあがり、学習意欲が減退し、遂には大人になると最初から諦めるクセがつくのです。さらに、ある程度の知識を有するようになると新しい知識を学ぶための努力も避けるようになってしまいます。

真の失敗とは?

失敗について考えてみてください。
失敗とは、どこかに間違った原因があって良い結果が得られないことです。
英語ではFailure(怠慢、落第者)、Washout (崩壊)、Fail(しくじる)、Unsuccessful (不出来な、不運な)、Go wrong(道を誤る)という語に失敗という意味が含まれています。Mistake(間違いを犯す)と認識している人も多いでしょう。
きっと人生において思い通りにならないことに遭遇することは誰しもが経験することだと思います。成功者も例外ではありません。
そんななか人生を充実させている人は、真の失敗とは、目的の達成を断念してしまうことでミスとは違うことだと認識しているのです。
一般的には失敗は成功の対義語です。
しかしながら成功と失敗は対義語にもなりえますが、人生という長いスパンで二つの言葉の関係性を考えたとき成功と失敗は混在していることに気がつくことでしょう。
本気で挑んだ結果間違いを犯してしまうのは仕方がないことです。
もし間違いを犯してしまったら自らの過ちを認め新たな教訓を学ぶようにすればよいのです。私たち人間はそうやって成長していくのですから。
失敗は自分を成長させてくれるものだと受け入れることができれば行動を変化させることができるでしょう。

笑う赤ちゃんと真剣な表情の赤ちゃん

勇気の持ち方

最初の一歩を踏み出すためにはまず「失敗」に対する考え方を見直すと良いでしょう。
というのも成功者と凡人とでは失敗に対する考え方が違うことが多いからです。
例えば一歩目を踏み出せない多くの人は子どもの頃の育ち方が原因で「怖い」とか「嫌だ」とか失敗に対して負の感情を抱いている傾向が強いといえます。
失敗したら「仲間外れにされる」とか「痛い目に合う」、「恰好悪い」など精神的にも肉体的にも深く傷つく連想が先だって、まるで今までの自分がそこで死んでしまうかのようなイメージを抱いているのです。
それに対して成功者は「成功するためには失敗は仕方のない要素」だと受け入れていることが多いといえます。
トーマス・エジソンは電球を光らせるまでに1万回以上の失敗をしたといわれています。
しかしその失敗の数々を彼は「失敗ではない。うまくいかない方法を1万通り発見しただけだ」と言ってのけたといわれています。
これは失敗があったからこそ成功に辿り着くことができた好例としてよく持ち出される実話です。
かの有名な文豪ゲーテも「人は何かを追い求めている限り、失敗し続けるものである」という言葉を残しているほどです。
人生の壁にぶち当たった時、リスクを考え失敗を回避するか失敗を恐れず挑戦するかで得られる結果が大きく変わってくるのです。
また、近年オリンピックに出られなかった体操選手たちが、体操で培った技術を活かして、スキーを履いてジャンプの美しさを競う種目のエアリアルというスポーツで世界のトップレベルを狙う事例が増えてきています。
体操の道では挫折を味わったもののエアリアルに舞台を移し「オリンピックで活躍したい」という夢を叶え成功者の仲間入りを果たしているのです。
特にバンクーバーオリンピックオーストラリア代表リディラ・アッシラ選手は体操からエアリアルへの転身で金メダルを獲得するまでに上り詰めた人物として世界中に名をとどろかせました。
もし失敗しても彼女らのように失敗した経験を活かし別の道で夢を掴むことも可能なのです。

成功くんと失敗ちゃん

失敗に対する考え方が違うと失敗に対する反応や行動も変わってくるのです。
そんななか成功者たちは失敗を受け入れることによって失敗を拒絶した人にはできなかったことをやってのけているのです。
さて、ここで一人の赤ちゃんを想像してみてください。
赤ちゃんはたとえ地べたに落ちているものでもお構いなしにいろんなものを口に運び食べられるものと食べられないものを認識していきます。
ハイハイができるようになると柵を乗り越えてでもいろんなところに行こうとします。
立てるようになると転んでも転んでも必死に歩こうとします。そうやって痛い目にあったり周囲の人に褒められたり怒られたりしながら生きていく術を学習していくのです。
恐怖心よりも向上心や好奇心が勝っているので赤ちゃんは驚異的なスピードで物事を学びます。
それと同時に失敗を繰り返します。
赤ちゃんには「失敗」という概念がまだ出来上がってないのです。
それなのに成長するにつれて徐々に個人差が表れ始めます。
周囲の環境から様々なことを学び影響を受けるからです。
子供は、大人や友達の振る舞いや言動を見聞きしたり罰を与えられたり痛い目にあったりしていくうちに「失敗」という概念を自分の中に構築していきます。
そして「学習はリスクを伴うものだ」と認識するにつれて失敗に対するかたよった概念ができあがり、学習意欲が減退し、遂には大人になると最初から諦めるクセがつくのです。さらに、ある程度の知識を有するようになると新しい知識を学ぶための努力も避けるようになってしまいます。

真の失敗とは?

失敗について考えてみてください。
失敗とは、どこかに間違った原因があって良い結果が得られないことです。
英語ではFailure(怠慢、落第者)、Washout (崩壊)、Fail(しくじる)、Unsuccessful (不出来な、不運な)、Go wrong(道を誤る)という語に失敗という意味が含まれています。Mistake(間違いを犯す)と認識している人も多いでしょう。
きっと人生において思い通りにならないことに遭遇することは誰しもが経験することだと思います。成功者も例外ではありません。
そんななか人生を充実させている人は、真の失敗とは、目的の達成を断念してしまうことでミスとは違うことだと認識しているのです。
一般的には失敗は成功の対義語です。
しかしながら成功と失敗は対義語にもなりえますが、人生という長いスパンで二つの言葉の関係性を考えたとき成功と失敗は混在していることに気がつくことでしょう。
本気で挑んだ結果間違いを犯してしまうのは仕方がないことです。
もし間違いを犯してしまったら自らの過ちを認め新たな教訓を学ぶようにすればよいのです。私たち人間はそうやって成長していくのですから。
失敗は自分を成長させてくれるものだと受け入れることができれば行動を変化させることができるでしょう。

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事