全面性の原則とは

●この記事に共感したらシェアしてください

アスリートの筋肉

木を見て森を見ず

全面性の原則とは

筋力トレーニングの通説に「全面性の原則」というものがあります。

これは全身の筋肉をバランスよくトレーニングしなければならないという原則です。

一部分の筋肉だけを鍛え続けているとケガのリスクを高めてしまうので「全面性の原則」はスポーツ選手にとって重要な心得といえるでしょう。

ヒザや腰を痛めたために休養を強いられ、かえって筋力を落としてしまったのでは意味がありません。

正しいベクトル

全体を見通す事を忘れずに

これと同じように目標を達成するためには全体を見通す力が必要です。

部活動でレギュラーを取れる人や就職活動で引く手数多な人、仕事で結果を残せる人など人生を成功させている人たちは決まって正しい方向性をもった行動をとる能力が優れているのです。

「木を見て森を見ず」ということわざがありますが、物事の細部に気をとられてしまい本来の目的を見失っている人が多いように感じます。

私にも苦い経験がありますが、例えばあなたも次のような人を見かけたことがあるのではないでしょうか?

  • 家族中心に物事を考えるあまり家族以外の人のことが目に入らなくなって、かえって家族に恥ずかしい思いをさせてしまうご主人
  • 理想のボディを手に入れたいと思ってダイエットを始めたのに体重を落とすことだけにとらわれてプロポーションを崩してしまう女性
  • 健康になることを目的として禁煙をしているのに家族が見ていないところでタバコをもらう亭主
  • 将来の実生活に役立つ知識・知恵を身につけるために勉強をしているはずなのに定期テストの問題をカンニングする学生
  • 打球の飛距離を伸ばすために体重を増やそうと食事の摂取量を増やしたがお腹周りに肉がつきすぎてスイングが遅くなってしまう野球部員
  • 走力向上のために筋力トレーニングを始めたにも関わらずいつのまにかスクワットの重量を上げることが主たる目的となってしまい(膝上の筋肉がつきすぎて)結果的に総力を落としてしまったランナー

これでは本末転倒です。

もし、結果が伴っていなかったり心当たりがあったりするのなら一旦今の悪習慣を中断して、その時間を有効に利用し目標を再確認しましょう。

目標を達成できる人は全体を見通す能力が高い人たちなのです。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR

読んでくださってありがとうございました。