人として人に接することを忘れずに

●この記事に共感したらシェアしてください

親指を立てて部下を褒める男性

人として人に接する

組織で目標を追っているとき、特に自分の精神状態が追い込まれているときに仲間を思いやる気持ちを忘れてはいけません。

私たちは一人ひとり感情を持っているからです。

それを忘れたら組織は崩壊してしまいます。

例えば、相手の性格や立場を考えながら声掛けをすることは非常に重要なことです。

頑張って一仕事を終えて休憩している現場に来て「何をさぼっているんだ。このポンコツめ!」などと、人を機械のように言われた日には誰だって黙っていられません。

イライラしながら仕事に戻って一時的に仕事量が増えたとしても疲労は着実に効率を落とすことになるでしょう。

気の弱い人なら落ち込んで辞めたいとすら思うかもしれません。

最悪の場合取っ組み合いのケンカになってチームが解消してしまうことも考えられます。

せっかく組織を作っても仲間同士が人として接し合えなければ効率はかえって悪くなってしまうかもしれないのです。

その後の自分の感情までも動揺し目標の遂行どころではなくなってしまうかもしれません。

誉めたり認めたり励まし合ったり、そして時には怒る、そんな人に人として接し合える風土をつくることを忘れないよう心がけましょう。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR

読んでくださってありがとうございました。