組織内の情報共有を徹底しましょう

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

情報共有する男女

情報を共有する

常識的なことかもしれませんが組織で行動する際には組織内の情報伝達について定期的に考えるべきです。

集団で行動するためには情報共有がかかせません。

例えば、情報を上手く共有することができれば一人では到底実現できないようなことも可能になります。

同じ時間に別々の場所で用事があったとしても両方こなすことだって可能です。

反対に、親子面談に関する学校からのプリントを親に見せるのを子が忘れれば親の信用までが損なわれてしまうように、情報伝達ができなければ組織の力はマイナスになってしまいます。

みんなで一つの作品を完成させようとしているときに同じ役割をこなしている人が二人重複していたら、例えば一つでよいものを他の人が三つも四つも買ってくるような事態が起これば時間だけでなく無駄な出費も嵩んでしまうでしょう。

これらのように情報伝達の良し悪しで良くも悪くも「べき乗」に物事が進むことになるのです。

あたり前のことだと軽視せず、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)やメモの残し方などを組織内で何度も確認し合い取り決め徹底しましょう。

ちなみに成功体験をみんなで共有することができれば、それだけで個人の報酬体系になるので一石二鳥です。何か物事が進展するたびにみんなで褒め合い、喜び合えば成功の大きさも一段と大きなものになるでしょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR