計画を立てるときは生活に必要な時間をきちんと確保しよう

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

家族との時間や食事の時間を大切にした計画作りをするように

生活に必要な時間をきちんと確保する

目標が大きければ大きいほど計画も長くなり、ストレスを感じる機会も増えることになります。

だからこそ、目標が大きいほどあなたの受け持っている生活の役割や大切な人間関係、健康管理などを「入念に」スケジューリングするようにしましょう。

例えば、スポーツ選手に限らず一流と呼ばれる人たちの多くに運動をする習慣があることがわかっています。

第44代アメリカ大統領バラク・オバマ氏はその最たる例で、朝食前の45分間ウエイトトレーニングもしくは有酸素運動を週6日欠かさないと言っています。

世界中の問題がデスクに運ばれてくる超多忙な大統領ですらストレス発散や健康維持のために運動をする時間を確保しているのです。

また、世界の一流企業の経営者50人以上の伝記を読んだ結果私が発見した共通点の一つに「何よりも人を大切にする」ということがあります。

この「人」というのは顧客というだけでなく家族や社員、友人など全ての人に対して誠実であるという意味です。

ほとんどの偉人たちがパーティや飲みの席に出席するように心がけているというのです。(ただしこれらの経営者たちは、ダラダラ飲み食いをするのは避け一次会で切り上げる人が多いようです。)

人間関係を悪化させて憂鬱になったり健康を害して頭が働かなくなったりするとかえって目標の達成が遅くなってしまいます。

もしこれらの活動をないがしろにして目標を達成したとしても虚無感を味わうことになるでしょう。

生活に必要な時間を認識し、確保できるように計画を立てましょう。

焦っていると一見目標の達成に直接関係のないもののように見えるかもしれませんが、あなたの周りの環境と健康を整えることも目標を達成するうえで実は重要な手段なのです。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR