棺おけリスト(バケットリスト)の作り方

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

バケット

棺おけに入るとき後悔しない生き方をするための質問

目標設定のよい方法として「棺おけリスト(バケットリスト)」と呼ばれる方法があります。

棺桶リスト(バケットリスト)とは何なのか疑問に思ったかもしれませんが、理屈で説明するよりも実際にやっていただいた方が早く理解していただけると思います。

方法は、次の質問に答えながら紙に答えを書き出していくだけです。

きっとあなたの人生を最高のものにするキッカケになるのでやってみてください。

葬儀の席でうつむく女性

それでは質問です。

  • もし、自分の命が残り半年だったとしたら残された時間で何をしたいですか?
  • 死ぬときに後悔することはありませんか?
  • やり残したことはありませんか?

なぜこのような質問があなたの人生を最高にするのかというと、人は快楽を求め、痛みを避ける動物だからです。

しかめっ面をする女性

ほとんどの人は、短期的に嫌なことや面倒なこと、つまり“痛み”を先延ばしにして目の前の簡単で楽しそうなこと、つまり“快楽”に飛びついてしまうものです。

しかしながらこのとき“死”を念頭において長期的に判断することによって自分の人生にとっての“痛み”と“快感”を正しく判断することができるようになり、目標にともなう行動が実行できるようになるのです。

タバコの煙

例えば、喫煙者は短期的な快楽にそそられついついタバコを吸ってしまいます。

しかし「タバコは肺がんを引き起こす原因になり、死を早め家族を悲しませることになる、おまけに毎月お金もかかるし百害あって一利なしだ」と人生を通して考えている人にとってタバコはただの痛みでしかないのです。

人生の責任を引き受けるとダイエット計画も変わる

ダイエットも同じです。

本当に成功させたいと思ったら死に物狂いで痩せられるはずなのに「運動することが辛い」「空腹に耐えるくらいなら太っているほうがマシだ」という一瞬の快楽を求め実現を遠いものにしているのです。

死んだとき葬儀の参列者に「デブ!」と呼ばれたくなかったら今すぐにでもダイエットを始めるべきなのです。

窓に肘をかけうなだれるご老人

この棺桶リスト(バケットリスト)という方法は欧米では「死の準備教育」と呼ばれ、哲学の講義で取り入れられています。

あいにく現在の日本の義務教育のカリキュラムにはこの授業は設けられていませんが、実は欧米よりさらに昔から日本にもこの風習がありました。

それは武士道です。

いつなんどき死ぬかわからない武士たちは朝一番に自分が死んだときのことを考え一日の行動に悔いが残らぬようシミュレーションを行っていたといわれています。

時代や国は違えども人間はこのような手法に行き着くものなのかもしれません。

現代に生きるあなたも是非「棺おけリスト(バケットリスト)」を取り入れて目標設定をよりよいものにしてみてください。

※バケットリストは「最高の人生の見つけ方」という映画でも見ることができます。また「死ぬまでにしたい10のこと」という映画でも同じような内容のリストを作成します。参考図書として「死ぬことと見つけたり(上)」「死ぬことと見つけたり(下)」という武士の小説もおもしろいのでオススメしておきます。この小説の主人公は毎朝「死ぬ覚悟」を行い色々な苦行に立ち向かっていきます。

ちなみにバケットリストという呼び名は首吊りをする人が足元のバケツを蹴ることから由来してついたものです。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR