「目標」という言葉の意味

●この記事に共感したらシェアしてください

目標とは人生の宝玉である

目標とは何か?

別の記事で私は「目標とは生きる希望だ」といいましたが、今回は「目標」という言葉の持つ意味をもっと考えてみてほしいと思います。

なぜなら「目標」はただの言葉だからです。

時と場所と場合によって言葉の意味合いは変化します。

物体を指す場合もあれば感情や状態などを指す場合もあります。

目や耳から入る情報だけに惑わされてはいけません。

一つ一つの言葉が表されている関係を見極めることが私たちにとって大事なことなのです。

例えば全ての言葉は色々な言い換えができます。

目標という単語を辞書で調べると様々な言葉で言い換えられていることがわかっていただけるでしょう。

【目標という言葉に含まれる意味】

  • そこに行き着くように、またそこから外れないように目印となるもの
  • それからはずれまい、そこまで届こう(かせよう)とねらうもの
  • そこまで行こう、成し遂げようとして設けた目当て
  • 行動を進めるにあたって実現・達成を目指す水準
  • 射撃・視線・行動などの対象となるめあて
  • 見てすぐわかるようにつけた印
  • 江戸時代、商標をいった語
  • 目指すべき方向や状態
  • 射撃・攻撃などの対象
  • 期限の定められた夢
  • ターゲット
  • 目印のこと
  • 目当て
  • ノルマ
  • ねらい
  • まと
  • 狙い
  • 理想

どの言葉をとってみても「目標」という一語を示しています。

しかしながら意味合いは一つではないのです。

目標という言葉は原因にも結果にもなりえます。

目標という言葉は手段にも目的にもなりえます。

目標という言葉は外的要因にも内的要因にもなりえます。(肉体的にも精神的にもなりえます。)
目的地に行くためには飛行機を利用するという一つの手段がある

目標と目的の違いとはなんでしょうか?

さて、「目標」という言葉をより深く理解するために目標という言葉に近い関係を持つ言葉について考えてみてほしいと思います。

例えば「目標」と「目的」はとても関係性の強い言葉です。

「目的」という言葉を辞書で調べてみても「目当て」や「目標」といった言い換えが度々出現します。

この二つの言葉は同じ意味を含んでいるのです。

他にも「理想」や「手段」、「未来」、「希望」、「夢」、「志」などの語も目標と関係性が強い言葉です。

状況に応じて同じ意味で使われることもしばしばあると理解していただけることでしょう。

しかしながらそれぞれの言葉は微妙に違うニュアンスを含んでいます。

例えば目標という語は手段という意味も目的という意味も含んでいますが、手段と目的という語は全く違う概念を表現しています。

もし話し手と聞き手が言葉を正しく認識することができていなかったら会話をしていても本を読んでいても欲しい結果に辿り着くことは非常に困難になってしまうでしょう。

「正しい」も「間違い」も「善」も「悪」も「成功」も「失敗」も「あなた」も「私」も「彼女」も「彼」も「神」も「仏」も「God」も「Allāh」も何かを表現している言葉ですが解釈の仕方は千差万別です。

このサイトのなかで最も多く出現する「目標」という単語の意味を考えながらここから先を読み進めてみてください。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR

読んでくださってありがとうございました。