自分ルールの作り方

メールをチェックする女性

自分ルールの作り方

自分ルールの必要性

多くの人は自分の価値観によって知らないうちに自分ルールを作っているものです。
特に、目標を達成しようと行動している人にとってルール作りは必要不可欠といっても過言ではないでしょう。
自分ルールは人生の荒波を乗り切るための重要な手段の一つなのです。
例えば「朝以外はメールをチェックしないようにする」という自分ルールを決めている人がいます。
このルールがあるとメールに時間を束縛されることなく自分の時間を作り出すことができます。計画を遅滞なく遂行していく指針となるのです。
反対に「メールに気づいたらすぐに返信をする」という自分ルールを決めている人もいます。
このルールは返信忘れを防ぐことにつながります。友好な人間関係を築く一つの指針になるのです。
一方で「大切なメールの返信は一晩寝かせて読み返してから送る」という自分ルールを決めている人もいます。
このルールがあると文字でコミュニケーションをとることに慎重になることができます。これもまた友好な人間関係を築く一つの指針になるのです。
このように、ルールの定め方は十人十色ですが目標を管理する上で自分ルールは有効な手段となるのです。
もし生きるうえで何もルールがなければ、私たち人間は広大な自由のなか「選択」に振り回され神経を衰弱させてしまうことでしょう。

ルールを守り生まれる規律は時間管理に最も重要

規律の乱れた軍隊がどうなってしまうか想像してみてください。
(※規律とは、人の行為の基準として定めたもの、つまり掟、言い換えればルールと同じような意味です。)
一人の兵が持ち場を離れ身勝手な行動をとってしまうと陣形は乱れ任務遂行が難しくなってしまいます。隊全体に混乱が生じ全員の命が危うくなるかもしれません。
規律がなければ統率力もなくなり計画に沿った行動ができなくなってしまうのです。
だからこそ日頃から厳しいルールのもと訓練を行い、チームに対して自発的に行動できるように規律を正していくのです。
個人でもこれと同じことがいえます。
人間の感情は移ろいやすいものです。時の流れに乗じて方向性を見失わないためにも目標をしっかりと管理する必要があるのです。
過去と現在、未来の自分の統率がとれていなければ掲げた目標の達成が難しくなってしまいます。
規律がなければいかなる時間管理術も意味をなしません。
経営の神様ピーター・ドラッカーは「経営とは規律である」とさえいいました。
自分ルールを策定し目標を管理しましょう。

しかしルールが厳しすぎると…

しかしながらルールを厳しくしすぎるのはよくありません。
一般に「デキる人」と呼ばれる人の多くは、まるで機械のように決められた時間に決められた業務を欠かさず行っています―――そんなイメージを多くの人が抱いていることでしょう。
そんなイメージもあり、何か目標を達成しようとするとき自分に厳しすぎるルールを課してしまう人もいます。
いくらルールが必要とはいっても厳しすぎてはいけません。何事も「すぎる」のはよくないのです。
例えば「朝起きたらコレをして朝ごはんを食べたらアレをして…できなかったら明日から○○禁止」などのように意地でもしなければいけないルールを作り上げてしまうのは考え物です。
自分ルールは「できた」「できなかった」を判断する一つの基準になります。
そして基準を満たすことができず充足感を感じられなければストレスを作り出してしまいます。
もしルールが厳しすぎたら自由を失い人生を楽しむことができなくなってしまうでしょう。
自分で自分のことをストイックで完璧主義者だと考えている人は完璧になることができません。
そういう人は自分に酔っているだけで、本当に完璧になろうとはしていない人です。
「~主義」という言葉が自分に当てはまるような人は完全にパラダイムの手中にいます。
人生にとって完璧とは何なのか表と裏を考え、その上でどのように自分ルールを作り実践していくのか考えてみてください。

厳しいルールを設定している人は、自分の弱い部分を許しルールを見直そう

ストレスを溜めないための自分ルールの作り方としてルールが一つあります。
そのルールとは、目標が高ければ高いほど自分ルールは低く設定するとよいということです。
計画をたてる際に大きな目標をチャンクダウン(細かく)したように、自分ルールも小事にするべきでしょう。
その方が充足感を感じることができるからです。
ストレスを感じている人の多くは痛みを感じやすいようにルールを作り快楽を感じにくいようにルールを作っているのです。
例えば、今までごはんを食べることを生き甲斐としテレビを見るのが大好きで運動嫌いだった人がダイエットのために今日から毎日食事のカロリー摂取量を1500キロカロリー以内に制限して朝晩1時間のウォーキングをして大好きな娯楽を一切断つという自分ルールを作ったとします。
これは素晴らしいルールだと思います。人によっては難なくこなせるかもしれません。
しかしながら彼女(もしくは彼)に最適とはいいきれません。厳しすぎるかもしれないと私は思います。
この自分ルールを設定して、もし何日も達成できない日が続いてしまうときっと彼女はダイエットに対して自分を信じることができなくなってしまうでしょう。
日々の自分ルールはもっと簡単なルールでよいのです。
例えば結果はどうであれ毎食前に体重計に乗るだけでもよいのです。乗るだけでオッケー、それさえ守れていれば良い、それさえ継続すれば良いというレベルでルールを設定すれば大丈夫なのです。
自分ルールを決めるポイントは、「やらなければいけないルール」は今すぐにでも実行可能なほどハードルを下げて満足感を得やすいようにすること、そして「やってはいけないルール」は経験するのが難しいようにハードルを上げてストレスを感じないようにすることです。
騙されたと思ってやってみてください。
「しなければいけない」感情よりも「もっとやりたい」という自発的な感情を生み出す方が目標の達成に近づくことができるのです。

真の意に適ったルールを作りましょう

ルールを考える時はあなたのパラダイムを見直す必要があります。
宇宙の法則の範囲内であればあなたはどんなルールをも設定することができます。
あなたは必要以上に厳しいルールを設けていないでしょうか。

メールをチェックする女性

自分ルールの作り方

自分ルールの必要性

多くの人は自分の価値観によって知らないうちに自分ルールを作っているものです。
特に、目標を達成しようと行動している人にとってルール作りは必要不可欠といっても過言ではないでしょう。
自分ルールは人生の荒波を乗り切るための重要な手段の一つなのです。
例えば「朝以外はメールをチェックしないようにする」という自分ルールを決めている人がいます。
このルールがあるとメールに時間を束縛されることなく自分の時間を作り出すことができます。計画を遅滞なく遂行していく指針となるのです。
反対に「メールに気づいたらすぐに返信をする」という自分ルールを決めている人もいます。
このルールは返信忘れを防ぐことにつながります。友好な人間関係を築く一つの指針になるのです。
一方で「大切なメールの返信は一晩寝かせて読み返してから送る」という自分ルールを決めている人もいます。
このルールがあると文字でコミュニケーションをとることに慎重になることができます。これもまた友好な人間関係を築く一つの指針になるのです。
このように、ルールの定め方は十人十色ですが目標を管理する上で自分ルールは有効な手段となるのです。
もし生きるうえで何もルールがなければ、私たち人間は広大な自由のなか「選択」に振り回され神経を衰弱させてしまうことでしょう。

ルールを守り生まれる規律は時間管理に最も重要

規律の乱れた軍隊がどうなってしまうか想像してみてください。
(※規律とは、人の行為の基準として定めたもの、つまり掟、言い換えればルールと同じような意味です。)
一人の兵が持ち場を離れ身勝手な行動をとってしまうと陣形は乱れ任務遂行が難しくなってしまいます。隊全体に混乱が生じ全員の命が危うくなるかもしれません。
規律がなければ統率力もなくなり計画に沿った行動ができなくなってしまうのです。
だからこそ日頃から厳しいルールのもと訓練を行い、チームに対して自発的に行動できるように規律を正していくのです。
個人でもこれと同じことがいえます。
人間の感情は移ろいやすいものです。時の流れに乗じて方向性を見失わないためにも目標をしっかりと管理する必要があるのです。
過去と現在、未来の自分の統率がとれていなければ掲げた目標の達成が難しくなってしまいます。
規律がなければいかなる時間管理術も意味をなしません。
経営の神様ピーター・ドラッカーは「経営とは規律である」とさえいいました。
自分ルールを策定し目標を管理しましょう。

しかしルールが厳しすぎると…

しかしながらルールを厳しくしすぎるのはよくありません。
一般に「デキる人」と呼ばれる人の多くは、まるで機械のように決められた時間に決められた業務を欠かさず行っています―――そんなイメージを多くの人が抱いていることでしょう。
そんなイメージもあり、何か目標を達成しようとするとき自分に厳しすぎるルールを課してしまう人もいます。
いくらルールが必要とはいっても厳しすぎてはいけません。何事も「すぎる」のはよくないのです。
例えば「朝起きたらコレをして朝ごはんを食べたらアレをして…できなかったら明日から○○禁止」などのように意地でもしなければいけないルールを作り上げてしまうのは考え物です。
自分ルールは「できた」「できなかった」を判断する一つの基準になります。
そして基準を満たすことができず充足感を感じられなければストレスを作り出してしまいます。
もしルールが厳しすぎたら自由を失い人生を楽しむことができなくなってしまうでしょう。
自分で自分のことをストイックで完璧主義者だと考えている人は完璧になることができません。
そういう人は自分に酔っているだけで、本当に完璧になろうとはしていない人です。
「~主義」という言葉が自分に当てはまるような人は完全にパラダイムの手中にいます。
人生にとって完璧とは何なのか表と裏を考え、その上でどのように自分ルールを作り実践していくのか考えてみてください。

厳しいルールを設定している人は、自分の弱い部分を許しルールを見直そう

ストレスを溜めないための自分ルールの作り方としてルールが一つあります。
そのルールとは、目標が高ければ高いほど自分ルールは低く設定するとよいということです。
計画をたてる際に大きな目標をチャンクダウン(細かく)したように、自分ルールも小事にするべきでしょう。
その方が充足感を感じることができるからです。
ストレスを感じている人の多くは痛みを感じやすいようにルールを作り快楽を感じにくいようにルールを作っているのです。
例えば、今までごはんを食べることを生き甲斐としテレビを見るのが大好きで運動嫌いだった人がダイエットのために今日から毎日食事のカロリー摂取量を1500キロカロリー以内に制限して朝晩1時間のウォーキングをして大好きな娯楽を一切断つという自分ルールを作ったとします。
これは素晴らしいルールだと思います。人によっては難なくこなせるかもしれません。
しかしながら彼女(もしくは彼)に最適とはいいきれません。厳しすぎるかもしれないと私は思います。
この自分ルールを設定して、もし何日も達成できない日が続いてしまうときっと彼女はダイエットに対して自分を信じることができなくなってしまうでしょう。
日々の自分ルールはもっと簡単なルールでよいのです。
例えば結果はどうであれ毎食前に体重計に乗るだけでもよいのです。乗るだけでオッケー、それさえ守れていれば良い、それさえ継続すれば良いというレベルでルールを設定すれば大丈夫なのです。
自分ルールを決めるポイントは、「やらなければいけないルール」は今すぐにでも実行可能なほどハードルを下げて満足感を得やすいようにすること、そして「やってはいけないルール」は経験するのが難しいようにハードルを上げてストレスを感じないようにすることです。
騙されたと思ってやってみてください。
「しなければいけない」感情よりも「もっとやりたい」という自発的な感情を生み出す方が目標の達成に近づくことができるのです。

真の意に適ったルールを作りましょう

ルールを考える時はあなたのパラダイムを見直す必要があります。
宇宙の法則の範囲内であればあなたはどんなルールをも設定することができます。
あなたは必要以上に厳しいルールを設けていないでしょうか。

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事