目標達成のためのPDCAサイクルを理解しよう!

●この記事に共感したらシェアしてください

森羅万象の関係性

PDCAサイクルについて詳しく解説していきます!

目標達成のためのサイクルとプロセス

あなたはPDCAサイクルをご存知でしょうか?

PDCAとは

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(振り返り)
  • Action(改善)

これら4つの頭文字をとってPDCAサイクルといいます。

ビジネス業界では多用される言葉ですが、日常生活で意識している人は少ないと思います。
ガッツポーズをするスーツ姿の男性

就職活動にPDCAサイクルを取り入れた例

このPDCAサイクルを日常に上手く取り入れている人は人生を成功させていることが多いです。

タロウくんとジロウくん、2人の学生を例に考えてみましょう。

二人とも大学3年生で、就職活動を成功させたいと思っています。

タロウくんは全く計画性がなく、PDCAの“P”の文字にも触れることもなく毎日バイトに明け暮れる日々を送っています。

何かやらないといけない不安感は抱いているものの計画を立てるという発想もありません。

一方、ジロウくんはPDCAサイクルを理解していて計画を立てる時間を週に30分確保するようにしています。さらに毎週月曜日の放課後に就職科へ足を運び先生の指導を受けるようにもしています。

PDCAサイクルを意識していないタロウくんは、流されるままに企業の就職試験を受けに行き面接を受け、採用してもらえるまで同じ事を何度も繰り返していきます。

一方ジロウくんは下図のようなPDCAサイクルを実践し就職試験を受けるたびに大きな成長を遂げていきます。

ジロウくんのPDCAサイクル
Plan: まずはじめに志望企業を選び試験日を確認し、その期日までに「自己分析」、「企業研究」、「履歴書作成」、「面接練習」、「第二希望の企業を受ける」、「本番」と順序だてて筋道を立てます。
Do: 次に計画通り行動をしてみます。
Check: 計画通りいかなかった問題点や新たに見つかった自分の課題をあぶりだします。
Action: 問題点がわかったら改善案を立て、本番でさらなる力を発揮できるよう計画を練り直します。

もしあなたが採用する企業側の人事担当者だったら、タロウくんとジロウくんのどちらを採りたいと思うでしょうか。

手元に他の情報があれば別ですが、タロウくんがよほどの逸材でない限り私ならジロウくんを採用すると思います。

このPDCAサイクルはあらゆる目標の達成に役立ちます。
目標ができるたびに意識して使ってみるよう心がけてみてください。

さてPDCAサイクルがどのようなものなのかここまでで基本をご理解いただいたところで、あなたには上手なPDCAサイクルの利用方法を知ってほしいと思います。

PDCAサイクルの始まりはプランを立てることです。

まずは、このプランを立てるときの考え方や目標設定のプロセスをみていきましょう。

人生の責任を引き受けるとダイエット計画も変わる

ダイエットを成功させる人の特徴

PDCAサイクルの中でも特に注目していただきたいのが「計画を立てる=PDCAのP=PLAN」の部分です。

実は、ここで目標達成までの道筋がほとんど決まってしまいます。

そのためPDCAサイクルのPLANの部分にはしっかりと時間をとらなければいけません。

ダイエットを成功させる人の多くは「月曜日からダイエットを始める」という統計的データがあります。

なぜ「月曜日からダイエットを始める」人が痩せられるのかというと、時間のある日曜日にしっかりとした計画をたててから翌日の実行に移るからだと考えられています。

計画をたてることに時間を使うことがいかに重要なことなのかご理解いただけると思います。

長期目標と短期目標

さて、目標設定には、10年・5年・1年といった長いスパンで考える「長期目標」と、半年・1ヶ月・1週間・1日といった短いスパンで考える「短期目標」の2種類があります。

長期になればなるほど大きな目標をかかげる場合が多いので大きな目標を「長期目標」、それに対して小さな目標を「短期目標」ということもあります。

例えば『1年で体重を10キロ減量する』という目標は長期目標になります。

対して『1ヶ月ジムに通い筋トレで筋肉をつけ代謝を上げる』『一週間でダイエット本を読む』『今日の献立を考える』などは短気目標になります。

他にも例をあげると、長期的な目標には『1年後にフルマラソンを完走する』というようなことも挙げられます。

対して、短期的な目標には『今日走る時間を1時間確保する』、『2か月後20キロを一度も休まず走りきる』などが挙げられます。

長期目標を達成するために短期的にどうすればよいか道筋を考えておくと目的を見失わずに目標を達成しやすくなるのです。

長期目標を考えた上で短期目標を設定していくと時間管理も上手くなります。

※これらの計画の立て方については別記事で詳しく解説していきます。

「PDCAサイクル」のPの部分に「目標設定のプロセス」を加える

そこでPDCAサイクルを次のように考えてください。

PDCAサイクル【改】

  1. まず、大きな目標設定をする
  2. 大きな目標を実現すための小さな目標設定をいくつか考え優先順位を決める
    (できれば評価基準も作成しておく)
  3. 小さな目標を一つ実行に移す
  4. 評価する(または、してもらう)
  5. 大きな目標に向かって新しい小さな目標を設定する
  6. 2に戻る=次のステップへ
    ただし最終目標を達成した場合は達成感に浸った後に1に戻る

このように「PDCAサイクル」と「長・短期目標」を組み合わせてほしいのです。

最終的に大きな目標を達成することができれば最高です。

ここでまた一つ重要なポイントを付け加えていることに気づいてもらえたでしょうか?

実はこの強化されたPDCAサイクルにはプランの部分以外にも強化された部分があります。

それはチェック(C)の部分です。
このチェックの部分ですが、PDCAサイクル【改】では「振り返り」ではなく、あえて「評価する(または、してもらう)」と記述させてもらいました。

ここに「達成感」というスパイスを加えてほしいと思います。

達成感や満足感は、あなたの目標達成をグンと引き寄せる効果があるのです。

達成感を夢実現の原動力にする

「達成感」は目標達成のプロセス(=成功)に欠かせない大切な要素といえます。

「達成感」は快感となり次のステップに行くときの「やる気」になります。

やる気があれば目標達成をグッと近づけることができるというのはあなたも感じたことがあるのではないでしょうか?

そこで達成感を得る方法も学んでいただきたいと思います。

いきなり答えを言ってしまいますが、「達成感(快感)」を得るコツは「ちゃんと実行さえすれば楽勝でできる」という小さな目標から始めることです。

人はなぜテレビゲームに熱中してしまうか知っていますか?

それは初めのミッションが割と簡単にクリアできるからです。

いきなり難しいミッションが与えられたら戦意喪失してしまうのが関の山です。

人生でも、ふがいない結果に終わって落ち込んでやる気を失ってしまう、もしくは先行きが不安で押しつぶされそうになってしまう人が多いのも事実です。

ゲームクリエイターはそれを知っているので、ゲームの最初には割と簡単なミッションを設定しているのです。

最初のミッションをクリアすると新しいステージが登場したり、より強い武具が作れるようになったり、新しいキャラクターが使えるようになったり…クリアしたという喜びとともに嬉しいご褒美が待っています。

そして次のご褒美をもらうためにまた新しいミッション、次はもう少し難しいミッションをやりたくなるのです。

そして数々の小さい目標を達成していきながら徐々に難易度の高いステージへと進んでいくようになっているのです。

人生もこれと似ていて小さなミッションを実行していきご褒美を獲得しながら最終地点へと進んでいくべきなのです。

ご褒美は何でもかまいません。

大きい声で雄たけびをあげたりスキップをしたりして気持ち良くなるだけでもかまわないのです。

とにかく満足感・達成感が得られれば「やる気」は増幅するものです。

この達成感が次のステップに移る大きな原動力となるのです。

余裕のある計画をたてる

もう一つPDCAサイクルを実践していく上でアドバイスさせてほしいことがあります。

それは短期目標の実行から評価するまでの期間を2週間に設定することです。

例えば日ごとに目標を設定すると毎日ギッチリ埋め尽くされた計画についていけなくなることがあります。

ときには「今日は息抜きがしたいな」という日もあるものです。

旧友から電話がかかってきて長電話をしてしまったり、思わぬ来客が来たりして計画が崩れてしまうことも考えられます。

すると計画についていけない自分に焦りが生じてきます。

せっかくPDCAサイクルを知っていても「達成感」を奪ってしまっては実行ができなくなってしまいます。

そんなとき“2週間”という期間は、余裕をもって目標を達成していくための計画をたてるのに最適な期間なのです。

もし2週間以内に計画をやり終えることができたのであれば、自分のペースで次のステップへ移ればよいだけのことです。

自主的に計画を前倒しすることで達成感はより大きなものになることでしょう。

これは後述する「目標の管理」にもつながります。

※ただし目標達成のサイクルとプロセスさえ理解していれば、あなたの目標を実現するための期間は2週間でないといけないわけではありません。

 PDCAサイクル×心理学を意識しよう!

人間は欲深い生き物です。

達成感をエサにどんどん新しい夢や目標を設定していきます。

逆に目標設定とPDCAサイクルを繰り返していくうちに完全燃焼してしまう人もいます。

適度に感情をコントロールし、時には息抜きをすることも必要かもしれません。

ちょっと疲れを感じたときや、目標達成がうまくいかなかったときはCHECK「振り返り」とACTION「改善」の段階で妥協することが長期目標を手に入れるために最善の策になることもあると覚えておいてください。

目標は常に進化していくものです。

やってみてはじめてわかることも多々でてきます。

そんなときは自分自身と正面から向き合って、最善の計画を立てていけるよう努めましょう。

様々なシーンでPDCAサイクルを意識してみてください。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR

読んでくださってありがとうございました。