私的目標と公的目標

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

家族一丸となってで一つの目標を目指す

みんなは一人のために、一人はみんなのために

「誰かのために生きてこそ、人生は価値がある」

これは世界でも名をはせているコーチングのプロ、ジョン・C・マクスウェルの言葉です。

「目標(使命)」というものは、彼のいうように、自分だけでなく自分以外の人のことも考えて定めた方が価値を発揮します。

野球をしている様子

野球をしたことがある人、特にピッチャーを経験した人にはわかると思います。

多くのピッチャーは速い球を投げられるように体を鍛え、走りこみ、フォームをつくり、投げ込みをします。

「150キロの速球を投げてやる!」という目標を打ち立てます。

しかし、この目標には重要なことが抜け落ちている場合があります。

その重要なこととは、「チームの勝利に貢献できるかどうか」ということです。

いくら150キロの剛速球を投げられるようになっても、点を取られ、毎試合負け越しのピッチャーでは意味がありません。

たしかに、150キロ投げられるようになればプロのスカウトの目にとまりプロ入りできるかもしれません。

たしかに、150キロを投げることができれば観客やファンを魅了し喜びを与えることができるかもしれません。

しかし、「自分の欲求を満たすだけの偏った目標」では、その価値はやがて居場所を失ってしまうことでしょう。

速球を投げることはピッチャーにとって大きな憧れです。しかしながら野球という競技において考えてみると、それは勝つための手段の一つで最終目的ではないのです。

おそらく第一線で活躍するプロ野球選手たちの多くはそんな自己中心的な目標をかかげてはいないでしょう。

雑誌で「160キロの球を投げられるように」「ホームラン王になれるように」といいながらも、根底には「チームが勝てるように」「チームの優勝に貢献するために」、「ファンのあたたかい声援に応えるため」にという思いがあるのです。

喜ぶ女性

 「成長」と「貢献」があなたの人生を支えてくれる

このように成功には2種類の喜びがあります。

ひとつは「私的な欲求を満たすことができたときの喜び」、そしてもうひとつは「他人の欲求を満たすことができたときの喜び」です。

この「成長」と「貢献」に支えられた目標をあなたは打ち立てるべきです。

例えば、成功している「真のお金持ち」は多くの人々に喜びを与えています。

ソフトバンク社長の孫正義氏、松下電器創業者の松下幸之助氏、自動車メーカーのホンダ創業者である本田宗一郎氏、アップル社元CEOスティーブ・ジョブズ氏…いずれの偉人たちも世の中の多くの人々の欲求を満たし、喜びを与えた対価としてお金持ちになったのです。

他人からお金を騙し取ってお金持ちになった人は、結局のところ自らお金を生み出す能力を持たず心の平安につくこともできないため「真のお金持ち」になることはできません。

私的にも公的にも、相互に喜びがあるような目標を達成しているからこそ彼らは成功者と呼ばれるのではないでしょうか。

どうかこの重要なポイントを考えたうえで目標設定をして、成功への第一歩を踏み出してください。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR