計画が実行できない人は『アクション・トリガー』を使おう!

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

計画に悩む人たち

意思決定の事前装置『アクション・トリガー』を設置する

アクション・トリガーとは

せっかく目標を設定して計画を立てても、それを実行に移せず困っている人も多いと思います。

ダイエットや仕事、勉強など「やらなければ…」と思っているのに「ついテレビを見てしまう」―――こんな経験があなたにもあるのではないでしょうか。

そんなとき生活の中にアクション・トリガーを設置するのが効果的です。

アクション・トリガーを設置すると今までなかなか実行に移せなかった計画でも実行できるようになります。

アクション・トリガーとは、日本語に直訳すると「行動の引き金」という意味で、日々の生活環境の中で発生する事柄を引き金にして行動を起こしやすくするものをいいます。

例えば「お風呂上がりにストレッチをする」というのがアクション・トリガーです。

ただ単に「今夜ストレッチをしよう」とするのではなく「お風呂から出たら」という条件をつけることによって行動のイメージが湧き、それが引き金となって行動を起こしやすくする効果があるのです。

アクション・トリガーの効果の裏付け

このアクション・トリガーの効果はニューヨーク大学の心理学者、ペーター・ゴルヴィツァーの実験研究によって明らかにされています。

彼は、大学生を2つのグループにわけてそれぞれのグループを対象に次のような実験を行いました。

まず一つ目のグループには、「クリスマス・イヴのすごし方」を題材にしたレポートを書いて12月26日までに提出すると追加の単位を与えるとただ告げるようにしました。

次に二つ目のグループには、同じようにレポートを提出すると追加で単位を与えると伝え、さらに「講義が終わったら図書室へ行きレポートを書く」などアクション・トリガーを宣言させるようにしたのです。

するとその結果、一つ目のグループのレポート提出率が33%だったのに対して二つ目のグループは75%もの提出率があったのです。

つまり二つ目のグループの学生たちは、具体的にレポートを行うための条件をイメージしたことによってイメージしていない生徒よりも実行力をアップさせたのです。

ゴルヴィツァー教授は、この他にもさまざまな実験を行いアクション・トリガーの効果性を発見していきました。そして現在ではアクション・トリガーは「心を惑わす誘惑、悪い習慣、対立する目標から目的を守り抜く効果がある」と提唱されるまでになったのです。

アクション・トリガーの設置方法

ここまで読んでいただいてもおわかりのようにアクション・トリガーの設置方法はとても簡単です。

しかしながら効果を最大限に発揮するためにも次のようなポイントだけは押さえておいていただきたいと思います。

具体的でなければいけない

まず、アクション・トリガーは具体的でなければいけません。

例えば、1か月で5キロ痩せたいのなら「夜になったら走りにいく」という程度の計画では効果を発揮しにくいでしょう。それよりは「仕事から帰ったら一番にスポーツウェアに着替えて外に走りにいく」のように具体的にイメージしやすい明確な基準を設けた方が実行に移しやすくなります。

この他にも、人材を育成するとき「成績優秀者を誉める」ではなく「80点以上の得点をとることができた人に賞状を贈る」とするなど基準が明確であればあるほど実行力を強くすることができると考えられています。

必要性を感じていなければいけない

とはいえ何かをする時間と場所をイメージしただけで全ての計画を実行に移せるようになるわけではありません。

あなた自身が「しなければいけない」と感じていることにしかアクション・トリガーは効果がないのです。

ただ何となく英語が話せたらかっこいいなぁと思っているだけの人がアクション・トリガーを設定しても結局は忙しさにかまけて勉強しなくなってしまう結果になるでしょう。

行動に移すのがちょっと難しい計画の方が効果を発揮する

また、簡単にできてしまう行動目標より少しハードルが高い行動目標の方がアクション・トリガーの効果が発揮されるといわれています。

例えば、お風呂に入った後、「YOUTUBEを見る」というのは割と簡単な行動目標だと思います。

それに対して「勉強机に向かう」とか「ジムに通う」、「自炊する」というのは若干ハードルが上がります。

前者のような場合、アクション・トリガーを設定していない場合とした場合とで実行率を計測してみると一般的に78%から84%のように本の少しの上昇率をみせるだけです。

しかしながら後者のような場合、22%から62%のように約3倍にまで実行力を引き上げることができるのです。

アクション・トリガーのある生活とない生活

凡人は、アクション・トリガーを事前に設置していないと負の習慣に負けてしまいます。

もし心の底から望む目標があるにも関わらず誘惑に負けてダラダラと計画を先延ばしにしてしまう悪習慣があなたにもあるとしたら、今夜ベッドに入ったとき明日のアクション・トリガーを設置してみてはいかがでしょうか。

一番初めにしてほしいこと、それは目標設定

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR