2017年の干支「丁酉」はどんな年?意外と知らない干支の解説

2017年の干支「丁酉」はどんな年?意外と知らない干支の解説

2017年の干支について

縁起物の鶏(酉)の画像

丁酉はどんな年?

2017年の干支は「丁酉(ひのと とり)」です。
学問向上や商売繁盛を祈願して邁進するとよいと考えられる一方で足元をすくわれないように気をつけなければいけない年といえるでしょう。

本来の十二支とは

干支(えと)と聞くと年賀状に描かれるネズミやウシ、トラ、ウサギ…といった動物を私たちは連想しますが、もともとはこれら12種類の動物は十二生肖(じゅうにせいしょう)と呼ばれるものでした。
では本来の干支とはなんなのでしょうか?

十二支

本来の干支とは十二支と十干の組み合わされた表現です
まず干支を語る上で欠かせないのが十二支です。
十二支とは子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12の言葉の総称をいいます。
これらの言葉は年を表すだけでなく月、日、時刻、方位を表す場合にも用いられ農業界では果実の成長過程を表す言葉としても使われていました。
例えるなら数字のような使い方をされていたといえるでしょう。
「し・ちゅう・いん・ぼう・しん・し・ご・び・しん・ゆう・じゅつ・がい」と音読みされる一方で「ね・う・し・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」という読み方もできることから覚えやすいように鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鶏・犬・猪という十二の動物が後から割り振られたともいわれています。
しかしながらなぜこれらの動物が基準になったのかは諸説ありはっきりとしたことはわかっていません。

十干

次に干支を語る上で欠かせないのが十干(じっかん)です。
十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の言葉で表される単位です。
この十干は意外と便利な言葉で、物事の仮名に利用されたり数字の役割を担ったり春夏秋冬を表現するときに使われます。
例えば優劣の判断に困った時に「甲乙つけがたい」と言うことや、契約書の署名欄に甲・乙と書く欄が設けられているのは十干なのです。恵方巻の方角もこの十干を照らし合わせて計るようになっています。
こちらは私たちの生活文化圏にそれほど馴染んでいないので使い方に困る言葉かもしれませんね。
音読みで「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」と読まれます。
訓読みをすると「きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと」となります。

干支

干支はこれら十干と十二支を組み合わせてできる時間や暦の単位をいうのです。

陰陽五行思想

さて、ここでもう一つ、干支を語る上で皆が気になるのが運勢の予想です。
これには「陰陽五行」と呼ばれる思想が関係してきます。
「陰陽五行思想」とはこの世のものを「木・火・土・金・水」という5つの自然要素と「陰・陽」の2つの力に当てはめる中国古来の考え方です。
干支で運勢を予想する風習は陰陽五行思想に十二支と十干をそれぞれ当てはめることによって完成されたのです。

干支と陰陽五行思想の結びつき方

それではどのように五行思想に干支が当てはめられていったのかみていきましょう。
まず、十干を五行思想の5つの自然要素を当てはめてみると次のようになります。

  • 「きのえ・きのと」は木
  • 「ひのえ・ひのと」は火
  • 「つちのえ・つちのと」は土
  • 「かのえ・かのと」は金
  • 「みずのえ・みずのと」は水

さらに、「え」を兄、「と」を弟と考えることによって「え」は陽、「と」は陰に当てはめられました。
対して十二支は次のようになります。

  • 春…寅(木)、卯(木)、辰(土)
  • 夏…巳(火)、午(火)、未(土)
  • 秋…申(金)、酉(金)、戌(土)
  • 冬…亥(水)、子(水)、丑(土)

子から順番に奇数番目が陽、偶数番目が陰となります。
これらの結びつきを踏まえて、干支を考えるうえでは「陽の十干と陽の十二支」「陰の十干と陰の十二支」がセットになり合計60通りの組み合わせができるのです。
※私たちが60歳を迎えた時「還暦」を祝うのは、干支の暦が一周して自分の生まれた干支に還ってくることから生まれ変わりを意味してお祝いしているのですね。
 

丁酉の運勢予想

さて、ようやく干支のお話を理解していただいたところで今年の干支でもある丁酉(ひのととり)について考えてみましょう。
もともと「丁」という字には「安定した」という意味があります。
五行思想でも生命のサイクルのうち植物が成長し一定の大きさに達した安定状態を表します。
「酉」はというと果実が実り熟れた収穫時期を指すことから頂点を極められる年になるといわれています。
また、酉は「運や客を取込む」という意味を込めて商売繁盛を促すともいわれています。(※関東地方の神社仏閣では十一月の酉の付く日に商売繁盛を願うお祭り「酉の市」が催されるのだそうです。)
意味合い的にはとてもめでたい年になりそうです。
ただし陰陽五行思想には相剋関係というものがあります。
5つの自然要素は次のような相関関係になっていると考えられているのです。

  • 木剋土(もっこくど):木は養分を吸って土地を痩せさせる
  • 土剋水(どこくすい):土は水を濁す
  • 水剋火(すいこくか):水は火を消す
  • 火剋金(かこくごん):火は金属を熔かす
  • 金剋木(ごんこくもく):金属の斧や鋸は木を切り倒す

木・火・土・金・水で考える五行思想では丁は火の性質を、酉は金の性質をもっているとされています。
このため火と金は五行思想では相剋関係となり熟れた果実を取り逃がさないよう注意するような暗示にも捉えることができてしまいます。
これらを踏まえた上で上述したように「学問向上や商売繁盛を祈願して邁進するとよいと考えられる一方で足元をすくわれないように気をつけなければいけない年」ではないかと私は考えました。

今年一年の誓願をたて日々精進いたしましょう!

一年の始まりに目標を立てることは脳科学的にも非常に大事なことだということがわかってきています。
もしあなたの今年の目標がまだ決まっていないなら酉にちなんで習い事を極められるよう志を立てたり商売繁盛につながる計画を立てたりしてみるのもよいのではないでしょうか。
逆にあなたがこれまでしっかり種を蒔いてきたのなら、干支の五行思想を重視して新しい芽が熟れた果実を台無しにしないように新規事業を控え足元をしっかり固めるのもよいかもしれません。
生まれ出た「宿命」はどうにもできませんが「運命」はあなた自身の選択で変えることができます。
運勢や占いを一つの指針として受け止めながらも悪運を絶ち良運をつかめるように日々修身修養の修行をして最善の一年をつくりあげていきましょう。
南無大師遍照金剛
 
「どんな結構な文も読む者の心得一つで危険思想も生ずれば、どんな異常な考えを述べた者も穏やかにこれを味わえば人心を和らげ文化を進めるに大益ありと判る。」―――引用:南方熊楠 著『十二支考』より
そんな気持ちで読んでください。あなたの一年が良い年になりますように
南無弥勒菩薩 オンマイタレイヤソワカ

2017年の干支について

縁起物の鶏(酉)の画像

丁酉はどんな年?

2017年の干支は「丁酉(ひのと とり)」です。
学問向上や商売繁盛を祈願して邁進するとよいと考えられる一方で足元をすくわれないように気をつけなければいけない年といえるでしょう。

本来の十二支とは

干支(えと)と聞くと年賀状に描かれるネズミやウシ、トラ、ウサギ…といった動物を私たちは連想しますが、もともとはこれら12種類の動物は十二生肖(じゅうにせいしょう)と呼ばれるものでした。
では本来の干支とはなんなのでしょうか?

十二支

本来の干支とは十二支と十干の組み合わされた表現です
まず干支を語る上で欠かせないのが十二支です。
十二支とは子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12の言葉の総称をいいます。
これらの言葉は年を表すだけでなく月、日、時刻、方位を表す場合にも用いられ農業界では果実の成長過程を表す言葉としても使われていました。
例えるなら数字のような使い方をされていたといえるでしょう。
「し・ちゅう・いん・ぼう・しん・し・ご・び・しん・ゆう・じゅつ・がい」と音読みされる一方で「ね・う・し・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」という読み方もできることから覚えやすいように鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鶏・犬・猪という十二の動物が後から割り振られたともいわれています。
しかしながらなぜこれらの動物が基準になったのかは諸説ありはっきりとしたことはわかっていません。

十干

次に干支を語る上で欠かせないのが十干(じっかん)です。
十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の言葉で表される単位です。
この十干は意外と便利な言葉で、物事の仮名に利用されたり数字の役割を担ったり春夏秋冬を表現するときに使われます。
例えば優劣の判断に困った時に「甲乙つけがたい」と言うことや、契約書の署名欄に甲・乙と書く欄が設けられているのは十干なのです。恵方巻の方角もこの十干を照らし合わせて計るようになっています。
こちらは私たちの生活文化圏にそれほど馴染んでいないので使い方に困る言葉かもしれませんね。
音読みで「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」と読まれます。
訓読みをすると「きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと」となります。

干支

干支はこれら十干と十二支を組み合わせてできる時間や暦の単位をいうのです。

陰陽五行思想

さて、ここでもう一つ、干支を語る上で皆が気になるのが運勢の予想です。
これには「陰陽五行」と呼ばれる思想が関係してきます。
「陰陽五行思想」とはこの世のものを「木・火・土・金・水」という5つの自然要素と「陰・陽」の2つの力に当てはめる中国古来の考え方です。
干支で運勢を予想する風習は陰陽五行思想に十二支と十干をそれぞれ当てはめることによって完成されたのです。

干支と陰陽五行思想の結びつき方

それではどのように五行思想に干支が当てはめられていったのかみていきましょう。
まず、十干を五行思想の5つの自然要素を当てはめてみると次のようになります。

  • 「きのえ・きのと」は木
  • 「ひのえ・ひのと」は火
  • 「つちのえ・つちのと」は土
  • 「かのえ・かのと」は金
  • 「みずのえ・みずのと」は水

さらに、「え」を兄、「と」を弟と考えることによって「え」は陽、「と」は陰に当てはめられました。
対して十二支は次のようになります。

  • 春…寅(木)、卯(木)、辰(土)
  • 夏…巳(火)、午(火)、未(土)
  • 秋…申(金)、酉(金)、戌(土)
  • 冬…亥(水)、子(水)、丑(土)

子から順番に奇数番目が陽、偶数番目が陰となります。
これらの結びつきを踏まえて、干支を考えるうえでは「陽の十干と陽の十二支」「陰の十干と陰の十二支」がセットになり合計60通りの組み合わせができるのです。
※私たちが60歳を迎えた時「還暦」を祝うのは、干支の暦が一周して自分の生まれた干支に還ってくることから生まれ変わりを意味してお祝いしているのですね。
 

丁酉の運勢予想

さて、ようやく干支のお話を理解していただいたところで今年の干支でもある丁酉(ひのととり)について考えてみましょう。
もともと「丁」という字には「安定した」という意味があります。
五行思想でも生命のサイクルのうち植物が成長し一定の大きさに達した安定状態を表します。
「酉」はというと果実が実り熟れた収穫時期を指すことから頂点を極められる年になるといわれています。
また、酉は「運や客を取込む」という意味を込めて商売繁盛を促すともいわれています。(※関東地方の神社仏閣では十一月の酉の付く日に商売繁盛を願うお祭り「酉の市」が催されるのだそうです。)
意味合い的にはとてもめでたい年になりそうです。
ただし陰陽五行思想には相剋関係というものがあります。
5つの自然要素は次のような相関関係になっていると考えられているのです。

  • 木剋土(もっこくど):木は養分を吸って土地を痩せさせる
  • 土剋水(どこくすい):土は水を濁す
  • 水剋火(すいこくか):水は火を消す
  • 火剋金(かこくごん):火は金属を熔かす
  • 金剋木(ごんこくもく):金属の斧や鋸は木を切り倒す

木・火・土・金・水で考える五行思想では丁は火の性質を、酉は金の性質をもっているとされています。
このため火と金は五行思想では相剋関係となり熟れた果実を取り逃がさないよう注意するような暗示にも捉えることができてしまいます。
これらを踏まえた上で上述したように「学問向上や商売繁盛を祈願して邁進するとよいと考えられる一方で足元をすくわれないように気をつけなければいけない年」ではないかと私は考えました。

今年一年の誓願をたて日々精進いたしましょう!

一年の始まりに目標を立てることは脳科学的にも非常に大事なことだということがわかってきています。
もしあなたの今年の目標がまだ決まっていないなら酉にちなんで習い事を極められるよう志を立てたり商売繁盛につながる計画を立てたりしてみるのもよいのではないでしょうか。
逆にあなたがこれまでしっかり種を蒔いてきたのなら、干支の五行思想を重視して新しい芽が熟れた果実を台無しにしないように新規事業を控え足元をしっかり固めるのもよいかもしれません。
生まれ出た「宿命」はどうにもできませんが「運命」はあなた自身の選択で変えることができます。
運勢や占いを一つの指針として受け止めながらも悪運を絶ち良運をつかめるように日々修身修養の修行をして最善の一年をつくりあげていきましょう。
南無大師遍照金剛
 
「どんな結構な文も読む者の心得一つで危険思想も生ずれば、どんな異常な考えを述べた者も穏やかにこれを味わえば人心を和らげ文化を進めるに大益ありと判る。」―――引用:南方熊楠 著『十二支考』より
そんな気持ちで読んでください。あなたの一年が良い年になりますように
南無弥勒菩薩 オンマイタレイヤソワカ

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事