成功者に共通する準備期間のもうけ方

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

槇と斧
準備時間を確保する

人間は常にバランスをとり続けなければいけない生き物です。

心と体のバランスは特に重要です。

心と体のバランスをとるための一つの方法として、計画を立てる際に「準備」の時間を確保することを忘れてはいけません。

例えば木こりにとって最も重要な仕事は木を切ることです。

だからといって一日中木を切り続ければよいかといえばそうではありません。

そんなことをしたらかえって切れる本数を減らしてしまうことになりかねません。

それに木を切る仕事は常に危険と隣り合わせです。

一日中木を切り続けていたらミスも増えてしまうでしょう。

第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンはいいました。

「もし、8時間で木を切り倒せと言われたら、私は7時間を斧の刃を研ぐことにあてる。」と。

同じ効果を発揮できるのなら斧の刃を研ぐ時間を十分に確保した方が楽に仕事を終わらせることができるのです。

めんどくさがって自転車を確認せずに出発した人とタイヤの空気を入れてから出発した人とでは走行スピードに差が出るということが、自転車を漕いで遠出したことがある人にはわかると思います。

また、タイヤの空気圧が低いとパンクを引き起こすリスクが高まります。

出発前にほんの5分程度の手間を惜しんだばっかりに何十分何時間という時間と体力を無駄にすることになるのです。

もし準備時間が必要なくなったのであれば予定を前倒しして仕事を進めればよいだけのことです。

計画以上の仕事をすると精神的にも肉体的にも満足感が増し余裕が出てきます。

そうやって結果が伴ってくると計画を実行移すのが楽しくなってきます。

何かを始める前にはきちんと準備時間を確保するように心がけ見てください。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR