デキる大人の休憩時間のとり方

デキる大人の休憩時間のとり方

休憩?する猫

休憩時間を確保すること

「オンとオフのバランスが大事だ」と多くの人が口をそろえて言います。
しかもそういうことを口にする人というのは俗にいう「デキる人」であることが多いと思います。
しかしながら多くの人は休憩をとるとかえって仕事が手につかなくなってしまうことがあります。
それはなぜでしょう。
コーヒーブレイクする女性

休憩時間の重要性

たしかに休憩時間を確保することは目標達成に重要なプロセスです。
なぜなら休憩がなければ頭も身体も疲れが出てくるため目標を実現するまでのスピードが失速してしまうからです。
小・中学校時代、英単語や漢字を覚えるためにノートに同じ単語を書き続ける宿題があった人は少なくないでしょう。
そんななか「1単語につき5行書く」などのノルマを課して書いていると腕が怠くなってきて徐々に書くスピードが落ちてきてしまいます。
そんなときは一気に宿題を終わらせるよりも休憩を挟みながらこなした方が早く終わらせることができることもあるものです。
また、休憩をとりながら書いた方が脳科学的に記憶への定着も上がると思われます。
このように単純作業を繰り返していたら仕事の効率が悪くなってくるので休憩をはさむことで作業効率を上げることができるのです。

動と静のバランス

ただし休憩の取り方に問題が見られる人がいます。
なぜなら私のように、一度休憩をとると集中がとぎれ、やる気がなくなり、かえって多くの時間がかかってしまう場合もあるからです。
人間、動いてばかりいると疲労が溜まってしまいます。
そんなときは寝転がって完全に身体を休めるのが良いと思うでしょう。
しかしながら適度な休憩時間を過ぎ、ずっと寝転がっていると今度は体が怠くなってきてしまいます。
病気の人を見ればわかるように寝続けるということはどんどん身体を不自由にしたり床ずれを起こしたりするものなのです。
こうなると今度は動いた方が体は休まるということになってくるのです。
これは積極的休養消極的休養と呼ばれ体育の教科書にも載っているほど有名な体のメカニズムです。
「オンとオフのバランスが大事だ」という言葉尻だけ真に受け、オフを消極的休養のためだけに使ってしまうと私たちの多くはバランスを崩してしまうのです。
そんなときは休憩の取り方を見直さなければいけません。
オールを漕ぐ船頭さん

上手な休憩のとり方

小舟でオールを漕ぐ船頭さんを想像してください。
舟は最初こそゆっくりゆっくりしか進みませんがスピードに乗ってくると1回オールを漕ぐだけでグングン進むようになります。
当然、オールは水中にあるときに推進力を生み出します。水面に出ているときは舟の動力にはなりません。
つまりオールの先が水の上にあるとき船頭さんの状態は休憩に当たります。
しかしながらこれは単なる休憩ではありません。
なぜならオールが水面から出ているときこそが次の一漕ぎを決める重要な役割を果たしているからです。
水面にオールが出ているときに、オールの入水角度を定めたり筋肉を緩めたりして次の一漕ぎにいかに力を伝えることができるか備えている状態を作り出さなければいけないのです。
休憩も準備の内の一つになっているのです。
もし休憩が逆効果になっているのを感じたら船頭さんのオールの例を見習って休憩の取り方を変えるべきでしょう。
「オンとオフのバランス」は目標を達成させるために語られるアドバイスです。
そのなかで休憩をとることが重要な役割を担っているということを忘れてはいけません。
休憩の取り方を考えましょう。

休憩?する猫

休憩時間を確保すること

「オンとオフのバランスが大事だ」と多くの人が口をそろえて言います。
しかもそういうことを口にする人というのは俗にいう「デキる人」であることが多いと思います。
しかしながら多くの人は休憩をとるとかえって仕事が手につかなくなってしまうことがあります。
それはなぜでしょう。
コーヒーブレイクする女性

休憩時間の重要性

たしかに休憩時間を確保することは目標達成に重要なプロセスです。
なぜなら休憩がなければ頭も身体も疲れが出てくるため目標を実現するまでのスピードが失速してしまうからです。
小・中学校時代、英単語や漢字を覚えるためにノートに同じ単語を書き続ける宿題があった人は少なくないでしょう。
そんななか「1単語につき5行書く」などのノルマを課して書いていると腕が怠くなってきて徐々に書くスピードが落ちてきてしまいます。
そんなときは一気に宿題を終わらせるよりも休憩を挟みながらこなした方が早く終わらせることができることもあるものです。
また、休憩をとりながら書いた方が脳科学的に記憶への定着も上がると思われます。
このように単純作業を繰り返していたら仕事の効率が悪くなってくるので休憩をはさむことで作業効率を上げることができるのです。

動と静のバランス

ただし休憩の取り方に問題が見られる人がいます。
なぜなら私のように、一度休憩をとると集中がとぎれ、やる気がなくなり、かえって多くの時間がかかってしまう場合もあるからです。
人間、動いてばかりいると疲労が溜まってしまいます。
そんなときは寝転がって完全に身体を休めるのが良いと思うでしょう。
しかしながら適度な休憩時間を過ぎ、ずっと寝転がっていると今度は体が怠くなってきてしまいます。
病気の人を見ればわかるように寝続けるということはどんどん身体を不自由にしたり床ずれを起こしたりするものなのです。
こうなると今度は動いた方が体は休まるということになってくるのです。
これは積極的休養消極的休養と呼ばれ体育の教科書にも載っているほど有名な体のメカニズムです。
「オンとオフのバランスが大事だ」という言葉尻だけ真に受け、オフを消極的休養のためだけに使ってしまうと私たちの多くはバランスを崩してしまうのです。
そんなときは休憩の取り方を見直さなければいけません。
オールを漕ぐ船頭さん

上手な休憩のとり方

小舟でオールを漕ぐ船頭さんを想像してください。
舟は最初こそゆっくりゆっくりしか進みませんがスピードに乗ってくると1回オールを漕ぐだけでグングン進むようになります。
当然、オールは水中にあるときに推進力を生み出します。水面に出ているときは舟の動力にはなりません。
つまりオールの先が水の上にあるとき船頭さんの状態は休憩に当たります。
しかしながらこれは単なる休憩ではありません。
なぜならオールが水面から出ているときこそが次の一漕ぎを決める重要な役割を果たしているからです。
水面にオールが出ているときに、オールの入水角度を定めたり筋肉を緩めたりして次の一漕ぎにいかに力を伝えることができるか備えている状態を作り出さなければいけないのです。
休憩も準備の内の一つになっているのです。
もし休憩が逆効果になっているのを感じたら船頭さんのオールの例を見習って休憩の取り方を変えるべきでしょう。
「オンとオフのバランス」は目標を達成させるために語られるアドバイスです。
そのなかで休憩をとることが重要な役割を担っているということを忘れてはいけません。
休憩の取り方を考えましょう。

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事