報酬とやる気の関係を理解した上手な計画の立て方

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

給料を貰って喜ぶ男性

行動目標に対する報酬を用意しよう!

報酬の価値は絶大

計画をたてる最後の段階では、行動目標に対する報酬を用意するのが大切なポイントです。

なぜなら報酬があると今の情熱をどんどん強化していくことができるからです。

優れた計画をたて、それを実践していても結果が伴わないことが往々にしてあるものです。

そんなとき最初のうちは頑張れるのですが、徐々に自信を失って計画を実践するのが苦痛になってくることがあります。

長期目標を定め将来的に得られる結果を夢見ているときは、言わば新しいロウソクにライターで火を灯そうとしている状態といえるので、ある程度根気強く行動を続けることができます。

しかしながら日々の行動に対して成果も報酬も何もない状態が続くと、まるで密閉空間で酸素を失っていくロウソクの火のように情熱が弱まってしまうものなのです。

そんなとき簡単な報酬を自分で設定しておくだけで俄然やる気をアップさせることができるのです。

本気で目標を達成したいのならば、これから計画を実践に移していく上で必ず報酬体系について考えておくべきでしょう。

報酬設定のポイント

重要なのは成果(結果)で報酬を計らないことです。

ここで設定する報酬の目的は、結果がでなくても行動を起こすことが大切なのだと認識することだからです。

たしかに最重要事項は結果を出すことです。だから目標を設定するこれまでの段階では望む結果を重視してきました。

ゴールに照準を合わせてきたのです。

しかしながらこれから計画を実践していく段階では行動を評価することが非常に重要になってくるのです。

この段階に差し掛かってくると結果にばかり注力していても上手くいかなくなってくるものです。

なぜなら焦りを生み自信を無くしていくのが関の山だからです。

そこで私たちは何か事を成し遂げようとするとき、因果関係というこの世の法則を理解しなければいけません。

作用するから反作用が得られる、原因があって結果が生まれるのです。

計画を実践していくなかでは、なかなか結果が伴わなくても行動を肯定するような報酬を用意する必要があるのです。

報酬の設定方法

報酬の設定方法はいたってシンプルです。

TO DOリストに挙げるような超短期の目標を行動に移すことができたら報酬が得られるようにすればよいのです。たったこれだけです。

報酬は簡単に用意できるものでよいでしょう。

他人にとって何の価値もないようなものでも自己満足で十分なのです。

ちょっとした欲を満たすことができれば行動と全く関係のないものでかまいません。

わざわざ高価なものを買いに出かけなくてもよいのです。

例えばTO DOリストの終えた項目に斜線を引いていくとか一日の終わりにカレンダーに丸印をつけていくだけでも立派な報酬になります。

特にお金を稼ぎたい人にとってお金のかかるご褒美を毎度用意していたのでは矛盾が生じてしまうでしょう。

このように無理をきたすと報酬ではなくなってしまうこともあります。

人間の脳は簡単な報酬でも快感を得ている

カレンダーを丸でいっぱいにしていくことだけでも人間は快感を覚えるようになっていきます。

もし痩せたいのなら「今日3キロ走ったらカレンダーに丸をつけてよい」でOKでしょう。

買い物をすると500円ごとにハンコを押してもらえるスタンプカードをあなたももらったことがあるのではないでしょうか。

実はこのスタンプカードは、空いているところを埋めたくなるという人間の心理を非常にうまく使ったツールでよりたくさん買い物をさせるためのエサなのです。

もしかすると今はカレンダーに丸印をつけるなんてバカバカしく思えるかもしれません。しかしながらいざやってみると丸をつけるのがどんどん快感になってくるはずです。

人間は私たちが思っているよりもずっと単純な生き物でご褒美がもらえるともっと欲しくなる習性を持ち合わせています。

PDCAサイクルの項でテレビゲームにハマる原理についてお話したのと同じ原理が働くのです。

実際、テレビゲームのなかでどんなに強い武器や防具、アイテム、勲章を手に入れても実社会では何の役にもたちません。それでもこれらの報酬はゲームを続けていく圧倒的な動機づけになるのです。

ほんのわずかな報酬を用意し計画を実行するのが楽しくなってくるような強力な動機づけに利用しましょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR