あなたの願いを叶える「引き寄せの法則」の活用方法

あなたの願いを叶える「引き寄せの法則」の活用方法

お願いをする女性

膨大な潜在意識を活用した「引き寄せの法則」

幸福な状態を連想すると無意識に幸福な気分になるのと同じように目標を達成した自分をイメージできるようになると目標達成に必要な事象を自然と引き寄せられるようになります。
例えば、やりたいことをイメージしているだけで自動的にあなたのもとへ必要な情報が舞い込んでくるのです。
信じられないかもしれませんが人間には「引き寄せの法則」と呼ばれる能力が備わっているといわれています。

引き寄せの法則とは

「引き寄せの法則」とは、心の中で強く思い描かれた願い事は必ず叶うという教えです。
この法則に関して様々な著名人が本を出版しています。
ある研究によると大半の病気は心の持ち用を変えただけで治すことができるともいわれています。
願掛けや祈祷などを迷信だといって信じていない人もいますが、絶対治ると心の底から信じることによって医者から治らないと宣告された病を克服した事例も実際に少なくありません。
また、引き寄せの法則を活用できる人は、円満な人間関係を築いて幸せになった人から莫大な富を築いた人まで様々で、どんな畑であっても幸福を呼び込む力があるといわれています。
哲学業界のある考えでは、肉体は精神を表現する手段であるとされています。なぜならほとんどの場合、内部から何かしらの命令を出さない限り私たちの身体は行動を起こしたりしないからです。
これを逆手にとって考えてみると、強い思いが私たちの目には見えない力となって外の世界にはたらきかけていることは紛れもない事実だということになります。

引き寄せの法則を脳科学が裏付ける?

引き寄せの法則について考えると潜在意識の話との関係性を感じてもらえると思います。
なぜなら欲しいものを得るために潜在意識はあなたを突き動かすことができるからです。
日本アニメ界を代表するスタジオジブリの宮崎駿監督は、作業が煮詰まってきたとき休憩をとると突然良いアイデアに出会ったり閃いたりするといいます。
顕在意識で強く念じたとき潜在意識もそれを欲しいと感じていると、顕在意識を休めている間に脳が潜在意識下で情報を整理し閃きを探し出し与えてくれるのです。
これは「良い作品を作りたい」という思いが潜在的に働きアイデアを引き寄せるという好例といえるでしょう。
別の例を考えてみましょう。

心理学者アブラハム・マズローがいった「カナズチを上手く使える人は、すべてのものを釘と見てしまう」という有名な言葉があります。

本来この名言は、一つのことにこだわりすぎると視野が狭まり良くないということを説明するために使われるのですが、実は、作品のことを思い続けているから一見関連のなさそうなものでも作品とリンクさせることができるという意味も含まれています。(カナズチを上手く使える人は一種のパラダイムを抱いている状態なのでしょうか?)
科学的に考えてみると、人間の脳みそは物事を7つほどの固まりに分類をすることによって情報を処理しているといわれています。なかでも強く意識しているものは認識しやすくなります。
「赤い服の女性を街で見かけても絶対見てはいけないよ」と言われると次の瞬間から「赤い服を着た女性」がよく目に入るようになります。
心理学ではこれを「カラーバス効果」ともいいます。
これを応用すれば、意識的にアンテナを張り、キッカケを与えてやるだけで情報を引き出しやすくすることも可能だということになります。
さらには、前の記事で潜在意識についてお話しした「フォトリーディング」や「幸福についての作文」の話を引き寄せの法則と関連付けてみてください。
まるで潜在意識という「内なる神様」が願いを叶えてくれるかのような話ではありませんか。
「信じるものは救われる」という教えはこの意味でも的を射ているといえます。
夢について常に考えを持っているだけで夢の実現に関連する情報を脳が勝手に探し出し、欲しい結果を引き寄せることができるのです。
もし今心から信じることができなくても目標を明確にイメージし続けていれば「引き寄せ」はすでに始まっています。
無意識化に眠っている潜在能力を活用して夢をグッと引き寄せているイメージを持ってみてください。

お願いをする女性

膨大な潜在意識を活用した「引き寄せの法則」

幸福な状態を連想すると無意識に幸福な気分になるのと同じように目標を達成した自分をイメージできるようになると目標達成に必要な事象を自然と引き寄せられるようになります。
例えば、やりたいことをイメージしているだけで自動的にあなたのもとへ必要な情報が舞い込んでくるのです。
信じられないかもしれませんが人間には「引き寄せの法則」と呼ばれる能力が備わっているといわれています。

引き寄せの法則とは

「引き寄せの法則」とは、心の中で強く思い描かれた願い事は必ず叶うという教えです。
この法則に関して様々な著名人が本を出版しています。
ある研究によると大半の病気は心の持ち用を変えただけで治すことができるともいわれています。
願掛けや祈祷などを迷信だといって信じていない人もいますが、絶対治ると心の底から信じることによって医者から治らないと宣告された病を克服した事例も実際に少なくありません。
また、引き寄せの法則を活用できる人は、円満な人間関係を築いて幸せになった人から莫大な富を築いた人まで様々で、どんな畑であっても幸福を呼び込む力があるといわれています。
哲学業界のある考えでは、肉体は精神を表現する手段であるとされています。なぜならほとんどの場合、内部から何かしらの命令を出さない限り私たちの身体は行動を起こしたりしないからです。
これを逆手にとって考えてみると、強い思いが私たちの目には見えない力となって外の世界にはたらきかけていることは紛れもない事実だということになります。

引き寄せの法則を脳科学が裏付ける?

引き寄せの法則について考えると潜在意識の話との関係性を感じてもらえると思います。
なぜなら欲しいものを得るために潜在意識はあなたを突き動かすことができるからです。
日本アニメ界を代表するスタジオジブリの宮崎駿監督は、作業が煮詰まってきたとき休憩をとると突然良いアイデアに出会ったり閃いたりするといいます。
顕在意識で強く念じたとき潜在意識もそれを欲しいと感じていると、顕在意識を休めている間に脳が潜在意識下で情報を整理し閃きを探し出し与えてくれるのです。
これは「良い作品を作りたい」という思いが潜在的に働きアイデアを引き寄せるという好例といえるでしょう。
別の例を考えてみましょう。

心理学者アブラハム・マズローがいった「カナズチを上手く使える人は、すべてのものを釘と見てしまう」という有名な言葉があります。

本来この名言は、一つのことにこだわりすぎると視野が狭まり良くないということを説明するために使われるのですが、実は、作品のことを思い続けているから一見関連のなさそうなものでも作品とリンクさせることができるという意味も含まれています。(カナズチを上手く使える人は一種のパラダイムを抱いている状態なのでしょうか?)
科学的に考えてみると、人間の脳みそは物事を7つほどの固まりに分類をすることによって情報を処理しているといわれています。なかでも強く意識しているものは認識しやすくなります。
「赤い服の女性を街で見かけても絶対見てはいけないよ」と言われると次の瞬間から「赤い服を着た女性」がよく目に入るようになります。
心理学ではこれを「カラーバス効果」ともいいます。
これを応用すれば、意識的にアンテナを張り、キッカケを与えてやるだけで情報を引き出しやすくすることも可能だということになります。
さらには、前の記事で潜在意識についてお話しした「フォトリーディング」や「幸福についての作文」の話を引き寄せの法則と関連付けてみてください。
まるで潜在意識という「内なる神様」が願いを叶えてくれるかのような話ではありませんか。
「信じるものは救われる」という教えはこの意味でも的を射ているといえます。
夢について常に考えを持っているだけで夢の実現に関連する情報を脳が勝手に探し出し、欲しい結果を引き寄せることができるのです。
もし今心から信じることができなくても目標を明確にイメージし続けていれば「引き寄せ」はすでに始まっています。
無意識化に眠っている潜在能力を活用して夢をグッと引き寄せているイメージを持ってみてください。

人生を成功させるための智慧カテゴリの最新記事