食事と心の関係を理解し「健康」を目指そう

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

いちごワッフルとパフェとジュース

食事にもっと気をつかおう

強い意志を持つためには栄養のバランスを考えた規則正しい食事も大切なポイントになります。

なぜなら健康に害があると心にも問題が生じるからです。

頭を使って繁栄した人間の脳は動物界の中でも群を抜いて大きいといわれています。

この大きい脳のおかげで他の動物にはできない様々なことを人間はやってのけることができるようになりました。

しかしながら人間の脳は、その大きさゆえに他の動物と比べると非常に燃費が悪いという欠点もあるのです。

内臓を含めて体を動かすためにはタンパク質や、糖質、脂質といったものが必要なのですが脳が活動するためにはそのなかでも主にブドウ糖という栄養素が必要です。

ブドウ糖は体内にブドウ糖の形のまま貯蔵しておくのことができません。

糖質は摂取後すぐにエネルギーとして使うことができるという利点がある反面タンパク質や脂質と違い12時間しか肝臓に貯蓄しておくことができないという欠点があるのです。

糖質が足りなくなるとタンパク質や資質を分解してエネルギーを作ろうとしますが、ある程度の間隔で適度な量の栄養を摂取し続けていなければ全体的なエネルギー不足に陥り思考能力が低下してしまうことになってしまうのです。

もし目標達成能力が下がってきていると感じたら健康状態を向上させるために食事にも気をつかうようにしましょう。

病気でない状態と健康は違う

人生を快活なものにするためには病気ではなければよいというものでなく健康な身体を維持し続けることが重要です。

39度を超える高熱にうなされているとき仕事に集中するのは難しいことがわかっていただけると思います。この延長線上として健康体であればあるほど活力が湧いてくるものなのです。

「病気でない」というのと「健康」というのは違います。

朝、昼、晩の食事以外にも健康管理に注意を向けてみましょう。水分補給の仕方や呼吸法など様々な方法がみえてくるはずです。

計画をたてたとき以上に運動や食事など健康について考える時間をとるように心がけましょう。

自分で栄養を管理する時間がないのなら他人に食事を管理してもらうにはどうすればよいか考えてみるのもよいでしょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR