時間の重要性を理解しよう

●この記事に共感したらシェアしてください

広告域

時間を数字で表現する時計

意識的な活動時間を増やす

計画を立てる前に時間の重要性をあなたに理解してほしいと思っています。

時間は、空間と共に私たちの世界を成り立たせている基礎要因です。

おそらく多くの人が時間を浪費しているのが現状でしょう。

朝8時から夕方5時まで仕事をしている一般的なサラリーマンは、「起床から出勤までの時間」と「帰宅から就寝までの時間」をどのように過ごしているでしょうか。

1限目と3限目の講義の間に空き時間がある学生は、90分と休憩時間、それに昼休みをどう過ごしているでしょうか。

意識的に生きているといえるでしょうか。

ここでいう「生きている」とは生命活動レベルで話しているのとは違います。

今日やったことが無意味に感じられるとか明日以降も延々無意味なことが続くように感じられるとか、そのような絶望を抱いていないかということです。

意識的に時間を管理することは人生をコントロールすることと等しいと私は思います。

もし最近無意識に時間を浪費していると感じたなら、もう少し人生をコントロールできるように意識してみましょう。

一定の時間をどう使って暮らすか?

「今月の給料でどう暮らすか?」と考える人は増えているのに「24時間×30日でどう暮らすか?」と考える人は減っているように思います。

ここで重要なのはお金の価値より時間の価値のほうが高いはずなのに多くの人はお金にばかり心を奪われているということです。

人によって価値観の違いはあるかもしれませんが、「時は金なり」という格言もあることですし時間には少なく見積もってもお金に匹敵する価値があるはずです。

節約すれば貯金は溜めることもできますが時間はどうあがいても湯水のように流れていきます。

どんなにお金持ちになっても一日は24時間しか得られません。

得意・不得意はあるにしても、時間を有効に使うことができれば多くの問題は解決できるものです。

そこであなたにはまず時間の使い方を見直してほしいと思います。

例えば健康管理に必要な睡眠時間ですが、一般にアスリートは8時間・会社員は7時間必要だといわれています。きちんと取れていますか?または寝すぎていませんか?(※意識的に寝る時間を削っているのであれば、それはそれでよいと私は思います。正解はありません。)

起床から出勤までの時間に何か意識していることはありますか?

帰宅後、テレビをみて夕食を食べてお風呂に入って歯を磨いてベッドに入って眠りにつくまでに「今日一日を生きた実感」はありますか?

もし何か心にグサッとくるものがあったらその原因を探ってください。

できれば紙に書き出してみてください。

それを改善することができればまた一つ人生が豊かになることでしょう。

感謝の文

読んでくださってありがとうございました。

●この記事に共感したらシェアしてください

●お得な情報や新着情報を随時更新していますのでフォロー試してみてください

PR